暗幕と、緑文字。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

「サクラノート~いまにつながるみらい~」の感想

さくっとクリア、サクラノートの感想を。

●サクラノート~いまにつながるみらい~(マーベラスエンタテインメント)
http://www.mmv.co.jp/special/game/ds/sakuranote/


プレイ時間を表示する機能がないので正確なクリア時間は分かりませんが、ファミ通に書いてあったとおり6時間くらいで終わったと思います。各章に隠された要素の全クリアを目指すと、おそらく+2~3時間と言ったところ。(私はやり直しなし、全4章・各1000点満点で995、900、880、1000)面倒なので、コンプするつもりはありません。わらい。

ゲームシステムはAVGタイプ。物語全体で10回程度ある戦闘のみアクションですが、ゲーム慣れしている人ならまず負けることは無いレベル。基本はマップ上に示される目的地に行けばOK。途中で寄り道をしてフラグ立て等を行えば、前述した点数が加算され章クリア後のおまけが見られるようになります。
また、点数はサイドストーリー的な位置づけに置かれる、主人公の家で飼っている猫(トロイメライ)と、ヒロインの家で飼っている犬(ラインホルト)の視点からの物語を見るのにも必要です。実はこのトロイメライ編とラインホルト編を見ておかないと、メインストーリーが分かりにくくなるため、見られる状態になったらすぐ見ることをお勧めします。幸いにしてこの2編を見るのに必要な点数はさほど高くないので、問題ないかと。
ちなみにトロイメライはなかなかにいい役どころで、全編通しても一番がんばっているのがトロイメライだし、最後もいい役目をもらっていました。ラインホルトが基本的に空回りのヘタレ系なのも好対照。
ヒーローと対になるのがヒロインなら、このトロイメライこそ今作の真のヒロインと言えるかも知れません。

ストーリーは期待通り小ぢんまりとしたもので、物語中で4日間しか経過しません。少年たちの小さな大冒険って感じの作品です。
元々のストーリーが短いのでネタばれをしない為にも特に触れませんが、まぁ、悪くは無かったです。
ただ、私的には「家出(じゃないんだけど)っぽい感じで事件を解決しようと頑張って、その間の大人たちの慌てぶりを猫と犬の視点から描く。猫と犬は主人公たちの居場所を知っていて様子を見に行ったりもするんだけど、二人が頑張っているのを分かっているから大人たちにはその事を教えずに、なんとか良い結末を迎えられるように大人たちを誘導していく。最後は大人たちが二人を叱って、笑って、大団円」と言った風に描ければもっとワクワクしたかな、とか。(スタンド・バイ・ミーや、七日間戦争とかのプチ家出系、好きなんで)
あと、少し大人になった主人公が過去の自分を(第三者的視点で)回想する風な語り口の物語なので、心理描写がしっくりこないかなぁという感じがあったのは残念です。主人公がちょっと醒めた性格なせいもあると思いますけど。

難易度は低いです。前述したとおりアクションパートはゲーム慣れしていれば、初見の相手にもまず負けないレベル。Aボタンで攻撃、Bボタンで回避なんですが、Bボタン押しませんでした。
AVG部分もストーリーを進めるだけなら特に詰まるようなところは無く、誰でも最後までいけるでしょう。

操作性は、普通・・・いや、若干悪い。物語中の選択肢(二択)をA、Bボタンで直接選ぶタイプなんですが、文章を進めるつもりでAを選んでしまうことが何回かアリ。その他、進行上問題はありませんが、連れて歩いているキャラクタが背景に引っかかってついてこられない場面が多々あり。
ちなみにタッチペンは不要です。
あ、タイトルからのロード時、カーソルが一章に合ってるいるのはマイナス。

グラフィックは綺麗なドット絵でそれなりに動きますが、逆にコレぐらいドット絵で演技させるなら、PSP程度の解像度はあったほうが良い印象を受けました。PSPのカラーとはあわなそうですけど・・・。
音楽はノスタルジックな雰囲気の曲を中心に、場面に合ったものが用意されていたと思います。


さて総評ですが・・・三角くらいでしょうか。

買ったときも書いたとおり(11/5のエントリー)私は決してボリューム重視ではない無いのですが、この内容でこの金額(希望小売価格5,229円)を出させるのはちょっと厳しいかな、と。
SIMPLE2000とかなら素直に褒めますが、いいとこ2,800円くらいのゲーム。
丁寧に作りこんであるのは分かるんですが、ゲームとしてそれ程面白いわけでは無いので、90分程度のアニメ映画でも十分かなとか思ってしまいます。
ぶっちゃけ、章ごとに分けて一本500円のケータイアプリあたりがお似合いの位置かなぁ。
折角丁寧に作ってあるように見えるのに、章のセレクト画面の写真がみんな同じだったり、ノブヲ先生なんてサムイだけの楽屋落ちキャラがいたりとか、やる気があるんだか無いんだか判らないところも鼻についたりもしましたしね。

#気のせいかもしれませんが、エンディングのスタッフロールが一部バグっていたような。「NPCデザイン」のところに誰の名前も無くて、しかもDSの上画面にスクロールするところで項目自体が消えていたような気がしたんですが。(確かめるのめんどくさいので勘違いかも)
#勘違いじゃなかったら、DSの上画面と下画面って繋がった一画面として使えるわけではないのかなぁ?わざわざ同期とかとらなきゃ駄目なの?
  1. 2009/11/23(月) 01:21:37|
  2. ゲームとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<不定期連載「今日の買い物(第209回)」 | ホーム | 不定期連載「今日の買い物(第208回)」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hospitalward.blog7.fc2.com/tb.php/664-5def6e8b

如月

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。