FC2ブログ

暗幕と、緑文字。

「428 ~封鎖された渋谷で~」の感想

とりあえずメインストーリーをクリアしたので感想を。

まず最初に、私は「街」をプレイしたことがないので、「街」をプレイしたことのある人とはまったく違う視点での感想であろうことを断っておきます。

・プレイ時間
メインストーリークリアまでのプレイ時間は23時間20分。(BAD END回収数45)
今回は放置時間はほとんど無いはずなので、ほぼプレイの実時間と思っていただいてOKです。
近頃の同人ゲ・ギャルゲ・(世界観重視)エロゲ系にありがちな、膨大な文章量とプレイ時間を誇るAVGに比べるとボリュームが少ないように感じられるかも知れませんが、冗長のない洗練された文章とスピーディーな物語の展開は、実際のプレイ時間以上に濃密なひとときを与えてくれます。終わってみれば「え、もうこんなに時間が経っていたの?」と思うこと請け合い。
最近のAVGというと、ダラダラと日常描写が長いだけで、肝心の「ストーリー」の部分は薄っぺらいなんてことも多いのですが、このゲームは全編これ事件!!です。(「お前がそんなAVGしかしてないんだろ」と言われればその通りで、しかもそれはそれでキャラへの愛着が深まって嫌いではなかったりしますが)
こんなことを書くと「主人公達自らががストーリーを導くための狂言回しに終始して、個性の掘り下げが無いのでは?」などと思われるかもしれませんが、その心配は無用です。物語中に回想シーンなどを挟むことにより、主人公達の背景が語られ、それぞれが何故ここまで精力的に動くのかと言った行動原理(それぞれの主人公が大切に思っているもの)を理解することが出来ます。(それでも確かに、前述のAVG郡に比べればキャラクターは漠としてはしまいますが)


・システム面などの話
このゲームのシステムに私甚く感動したんですが、以前聞いた事のある「街」のシステムも似たような感じだったと記憶しているので、実は10年も前に完成されていたものを踏襲しただけなのかもしれません。

システムを軽く説明します。

ゲーム内の時間は、大きくは1時間単位、小さくは5分単位で区切られており、メインストーリーは4月28日の10時から20時までの間で展開されます。(<-ちょっとネタバレ?)
プレイヤーが操作する主人公は5人いて、それぞれの主人公はこの5分を1シーンとして行動をしています。(1シーンが5分以上の場合もありますし、全ての主人公について5分*12回で1時間分のストーリーがあるわけではありません。何もない時間帯もあります。)
主人公は任意のタイミングで切り替え(ザッピング)られますが、一人の主人公のみをずっと読み進めていくようなことは出来ず、その時プレイしている主人公が1時間区切りの最後のシーン(最後の5分)を終えると「TO BE CONTINUED」と表示され、全ての主人公についてその状態にしないと次の1時間には進めないようになっています。
またそれ以外にも、物語中の随所で「KEEP OUT」と表示され、その主人公の物語を進められないようになり、そういった場合は、別の主人公の物語のJUMPポイントからその主人公に切り替えて進める必要があります。(ex.主人公Aのケータイが鳴るところで「KEEP OUT」。主人公Bの物語を進めていくと、やがて主人公Aに電話を掛けるシーン(JUMPポイント)に行き着く。そこで主人公Aに切り替えると主人公Aの物語が続けられる。など)
主人公5人は、物語がある程度進むまでお互いを知らないのですが、それぞれの行動とそれに伴う影響は奇妙に(ゲーム的に)絡み合っており、ある主人公の選択はその主人公自身の物語に大きな影響は無いが別の主人公の物語のBAD ENDに直結している、などという事が多々あります。そういった場合BAD END時にヒントが表示されるので、別の主人公に切り替えて問題となる選択を変更してやることでBAD ENDを回避することが出来ます。(ゲーム全体を通して、その時プレイしている主人公の選択が自身のBAD ENDに関連していることより、他の主人公のBAD ENDに関連していることのほうが圧倒的に多いです。)

大雑把なシステム説明はこんなところです。

これだけでもなかなか特異なシステムで面白そうに感じられるのではないかと思いますが、これにスピード感あふれるスリリングなストーリーとツボをおさえた演出が加わると・・・凄い事になります。というか、現に凄いゲームになってしまったのです。

それぞれのキャラクタの立場から物語の一面を掴みつつ、プレイヤーの視点で物語の全体像を俯瞰するというのは既存のマルチサイトAVGとなんら変わらない構造なわけですが、TO BE CONTINUEDやKEEP OUTにより細かく区切られることで、ザッピングを繰り返して全ての主人公の物語を徐々に進めていくこととなり、結果的にプレイヤー側のみが突出した情報を持った状態で物語を進める主人公がいなくなるので、どの物語も最後まで楽しむことが出来ます。
また、TO BE CONTINUEDやKEEP OUTのポイントも「これからイイところなのに!!」という感じで(人気ドラマの次週へのヒキを思い浮かべてもらえれば)実にウマく、物語途中のJUMPポイントで次々と主人公を切り替えていくというゲームシステムに合ったシナリオ構成の妙と相まって、AVGというジャンルではちょっとお目にかかれない異常な疾走感と没入感で、まさに止め時を見つけられないゲームに仕上がっています。
1時間の区切りをクリアするごとに、次の1時間の予告編(30秒くらいかな?)が流れるんですが、それを見てしまうとつい「もう少し。もう少し。」と。
私はこういったゲームの場合常に同じ順番(主人公A->B->C->の様な)に読む進めるタイプなのですが、このゲームはどの主人公のストーリーも続きが気になって、1時間区切りの開始時には毎回誰から読もうと迷うほどでした。(シナリオ選択シーンの主人公達の立ち姿も、物語内の時間の経過に合せて変化するなど本当に神経を使って作成されたゲームなのがわかります。14時台のタマの選択シーンの初回とか可愛すぎ。)

まぁ、少し醒めた視線で見てしまえば、その時の操作キャラクターのフラグ立てを別のキャラクターでしなければならないと言うだけのことなんですが、それぞれの主人公のストーリーが綺麗に交差するせいで、パズルのピースがカチリとハマるカタルシスが味わえるあたりも、AVGというジャンルとしては格別の体験かと。「ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか」ではないですが、世の中なんて綱渡りの偶然で成り立っている、なんて考えさせられるゲームです。(<-自分で何言ってるのか良くわかってない。わらい)
システム的な意味合いでゲームとして楽しませてくれるAVGは希有な存在だと思うので、そう言う観点からもオススメできるゲームと言えます。


それと、ユーザビリティを重視したインターフェース周りも秀逸で、ゲームへの集中を妨げないように工夫されています。

分岐点やJUMPポイントを見失わないようにタイムチャート上にはアイコンが表示されていますし、ある主人公の行動が別の主人公のBAD ENDに繋がる場合など、主人公の行動をタイムチャートでさかのぼって変更することがままありますが、その変更が他の主人公の物語に影響がある時は影響を受けた主人公の該当箇所以降のタイムチャートが消えるので、どの選択肢がどの主人公に影響があるのかを視覚的に判断することができる様になっています。変わるのは一部のみでその後の展開は以前と同じになる場合は、変更部分だけを読めばタイムチャートが復活しその後の文章を読み直す必要もないので無駄に時間を取られることもなく、ここら辺もゲームのテンポの良さに一役買っています。
こういったシステムがしっかり理解できていれば大きく詰まることもないし、ストレスを感じることも無いと思うので、若干舌足らずなところのある説明書は少し残念かも知れません。(ゲーム内チュートリアルもありますが。)

なお、操作はWiiリモコンのみの片手プレイ可能でゲーム中ポインタを使用する事も「振る」必要もないので、リモコンをあらぬ方向に向けていてもなんの問題もありません。リラックスした姿勢で楽しめます。
あと、これは人によって意見が真っ二つに分かれそうですが、このゲーム基本的に(型月のおまけシナリオにはあるのを確認)ボイスがありません。私的にはスピード感も損なわれないし良い点の一つと受け取っていますが、今時ボイスもないなんて~って人には大きなマイナスかも。


・ストーリー面の話
とは言っても、AVGのストーリーはネタバレ無しには語りにくいので、感想の代わりに各主人公のストーリーについて私なりの煽り文を考えてみました。

加納慎也
警察官を選んだ動機はひどく単純なものだった。大した使命感も持たないまま職業としてこなす日々。そんな加納を変えたのは、一人の刑事(デカ)との出会いによって気付いた警察官のあるべき姿だった。
そして今、ひとつの事件をきっかけに刑事として進むべき道を見失ったとき、目の前に立ちはだかったのは「夢」「理想」「憧れ」その『真実』だった。涙を流し銃口を向ける加納、その弾丸が打ち抜くものは?


遠藤亜智
偶然出会った少女を助け、亜智は大好きな渋谷を奔走することになる。理由もわからないまま命を狙われる少女。忍び寄る影、その正体の一端を知ったとき、亜智は少女との出会いが偶然ではなく必然であったことを悟る。
決断のとき、亜智が最後に守ったものは?


御法川実
敏腕フリーライター御法川の携帯に飛び込んだ、昔馴染みの危急の知らせ。取るものも取りあえず駆けつけた御法川の前には、途方に暮れた友の姿があった。泣き言を連ねる男の目前に御法川の人差し指が突きつけられる。「簡単にあきらめるな!俺を誰だと思っている!!」
口に出したからには完遂する。それがプロの仕事だ。御法川の記者魂を賭けた一日が始まる。


大沢賢治
妻、娘、友。様々な煩わしいものから目を背け、仕事という大義名分の元、大沢は研究に没頭してきた。気づかぬうちに様々なものを失いながら。
そして今日、大沢は自分が真に向かい合わねばならない現実に直面する。「まだ、遅くはないはずだ・・・。」勇気を振り絞り踏み出した一歩。その先にある未来は?


タマ
渋谷の雑貨店で見かけたペンダントに運命的な何かを感じたタマは、おかしな社長の下、奇妙なバイトに精を出す。
脱げなくなった着ぐるみ、いつぶつけたのかズキズキと痛む後頭部、次々に起こるトラブルにも挫けずまっすぐ前を見て走り続けるタマ。
タマは未だ知らない。今日という一日が、渋谷にとって、そして自分にとって、一番長い一日になることを。


駄文失礼。

最初はバラバラに始まるストーリーが怒濤の展開で一つに重なるあたり、今まで多くのゲームをしてきた中で初めて「これぞゲームのために書かれたシナリオ!」と心から思えました。街中で拳銃を振り回す杖の男とか現実味のないところも多々ありますが、そんなの些細な揚げ足取りで。
どの主人公の物語も魅力的な展開ですが、私的には、御法川>大沢>タマ>加納=亜智といった感じかな。
事件の中核からはちと離れた御法川シナリオが一番好きなあたり、ひねくれ者の私らしいというか。いや、「御法川シナリオが」ではなく「御法川が」好きなだけかも知れない。カッコイイぜ、御法川。

注意点として、このゲームはマルチサイトAVGであって、マルチ「シナリオ」AVGではありません。(「弟切草」や「かまいたちの夜」の様に選んだ選択肢によって色々なシナリオに派生するゲームではない。・・・多分)
誤った選択イコールBAD ENDであり、それを回避して一本の物語を紡いでいくゲームです。ただしBAD ENDを見た数が隠し要素のトリガーになっていたり、BAD END自体がおもしろストーリーだったり、ゲームの核心部分を推測させる内容だったりと只のハズレではありませんが。


・Wiiであること
ゲームの方向性や難易度からしても、ライトユーザーに(もちろんコアユーザーにも)手にとって欲しいゲームなので、Wiiという選択は悪くなかったと思います。ただ、繰り返し遊ぶタイプのゲームではないため(まだ全部の要素を見たわけではないので確かなことは言えませんが)プレイ時間あたりの単価が高そうなのはマイナス点かも知れません。(私は全く気になりません)


・総評
数年に一度出会えるかどうかの神ゲー。思い出補整のかかった菅野ひろゆき氏の「EVE burst error」や「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を抜かし、生涯AVGランキング1位に鎮座しました。久々に夢の中でもゲームしてたよ。
システム良し、シナリオ良し、ビジュアル良し(アニメ絵バージョンが欲しいなんて言ってた(12/4のエントリー)2週間前の自分orz。このゲームでアニメ絵とか、あり得ないわ)と、三拍子そろったサウンドノベルの傑作。AVG好きならこの冬428をやらずに何をやる?
こんなゲームが売れてないなんて哀しすぎる。Wiiの普及台数から考えれば、ハーフミリオンぐらい「売れて欲しい」ゲーム。Wii持ってる奴は黙って買っとけ。Wiiを持ってなくても428、マリギャラ、マリカの3本で十分元は取れるはず。ハードごと買っとけ。


●428 ~封鎖された渋谷で~
http://chun.sega.jp/428/

#音楽はタマのテーマ(?)が良かった。あとなにげに脇役の眼鏡率が高かった気がする。千晶カワユス。
  1. 2008/12/20(土) 17:58:30|
  2. ゲームとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<今夜の食事 | ホーム | 不定期連載「今日の買い物(第172回)」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hospitalward.blog7.fc2.com/tb.php/602-52322ef8

如月

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search