暗幕と、緑文字。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2007年色々ランキング

去年に倣って(2006/12/30のエントリー)私的ランキングを。

アニメ2007年放映作より(2006年放映開始、2007年終了含む)

●良かったアニメTOP3
1.武装錬金
2.さよなら絶望先生
3.がくえんゆーとぴあまなびストレート!

今年は良作が一杯あったので絞り込もうと思うと難しいのですが、あえてこの3本で。

武装錬金は少年漫画をアニメ化する際のリファレンスモデルにして欲しいな、ってくらいのお気に入り。原作の余分な部分(から滑りなギャグとか)を削ぎ落としたりしつつ物語を再構築し、熱い展開、熱い演出で勢いよく物語を纏め上げてくれました。原作が打ち切り作品だったからこそアニメ化に向いていたのかもしれません。(アニメ化するって聞いたときはかなり?だった憶えがありますが)
やっぱりアニメ化するのは原作が終わってからの方が良いよね~、って当たり前のことを再確認した次第。(逆の意味でその事を感じさせてくれたのがぼくらのでした)
絶望先生は大好きな新房監督の最新作。最近の新房ノリなので好きな人は好き、嫌いな人は嫌い、そろそろ飽きてる人も多いだろうな~、ってな位置づけのアニメでしょうか。私はもちろん大好きですが。「ぱにぽに」の2クール目のグダグダ感とか「ネギま!?」の全編グダグダ感とか考えると、1クールアニメの方が向いてるんでしょうね、きっと。基本、超演出ごり押し展開なので長々とやられると飽きてしまうのは仕方ないところ。そう言う意味では本作のように1クールやって、お休み期間があってまた1クールってのは良いかもしれません。
でも、アニメから入って原作を読んでみた(久米田先生的に言うとポロロッカですか)んですが、作者的には萌えを前面に打ち出されたのはどうなんでしょうかね?なんか、漫画を読むと寧ろアンチ萌え的に見えなくもないんですが。とか言いつつ、萌え萌えしてますけどね、私は。
まなびは4話目までは神!って感じです。それ以降は若干トーンダウンって気がしなくもないですが、十分良作の域。高校生って年齢設定がちょっとアレですが(高校生にしては純朴すぎて違和感が)学校生活における楽しみをギュッと濃縮したストーリーは、子供にこそ観て欲しいアニメって感じがしました。OPの夜明け前の学校に忍び込む(って人聞きが悪いな。私の時代は常に解放されていたので、門を跳び越える必要すらありませんでしたが)ワクワク感とか、リアルでやった事のある身としては懐かしさを感じたり。

ef-a tale of memories.が終わってれば3位に入れたかもですが、AT-Xでの最終回が年明けなのであえて入れませんでした。あの手のストーリーアニメは終わりが肝心だから。
観たのが今年という意味で言えば苺ましまろも大好きです。1位タイくらいの勢いで。
その他にもバッカーノ!みなみけ天元突破グレンラガン電脳コイル地球へ…などなど粒ぞろいの年だったと思います。
あ、話題性で言えばSchool Daysも忘れちゃいけないですね。(9/27に関連エントリー)


●駄目だったアニメTOP3
1.ひとひら
2.ぽてまよ
3.スケッチブック~full color's~
(特別枠)アイシールド21

ひとひらは私的には完全に地雷でした。あのタイプの主人公って嫌いなんですよね~。しかも声(演技)もなんか変だし。話もたいして面白くないしなぁ。
ぽてとスケッチブックは駄目という程でもなかったかもですが、ほのぼの系はもう飽きちゃっててチト苦痛。ARIAの一期だけでおなか一杯って感じです。
アイシールドは相も変わらず。何とかしてくれっちゅう話だよ。(マルコ風に)


●良かったアニメOPのTOP3
1.ef-a tale of memories.(euphoric field(English)/ELISA )
2.バッカーノ!(Gun's&Roses/Paradise Lunch)
3.さよなら絶望先生(強引niマイYeah~/絶望少女達)

●良かったアニメEDのTOP3
1.ぼくらの(Vermillion/石川智晶)
2.ひぐらしのなく頃に解(対象a/anNina)
3.一騎当千Dragon Destiny(硝子の花/衣織)

OP・EDの纏めを書かなくなってしまいましたが、今年気になったのはこんなところかと。
efと絶望先生は流石の出来かな。あの演出がツボなので評価が甘いのかもしれませんが。
バッカーノ!は繋がりを持たせてカットを切り替えていく演出が珠玉の出来かと。音楽も格好良かったです。
ぼくらのは切ないメロディーと、人と人との繋がりをイメージした構図がヒット。OPの「アンインストール」も名曲です。石川智晶さんの原作に対する不可解な思いが詩に色濃く出てます。(良い悪いはともかく)
ひぐらしは最初観たときはパッとしなかったんですが、徐々に脳内評価が上がりました。沙都子に萌え光線が出まくり。
一騎当千DDは良くやったな~って感じです。地上波版もAT-Xと同じだったの?歌は良い歌なんですが、歌い手さん的にはどうなんでしょう?
後は、BLEACHNARUTOD.Gray-manといったジャンプ&テレ東系はいつもながら高水準でGoodです。


●アニソン聴いた回数ランキング(2007年発売のもの)
1.escape/いとうかなこ/205回
2.嘆きの森/彩音/179回
3.コンプレックス・イマージュ/彩音/117回

笑。全部PS2「ひぐらしのなく頃に祭」の主題歌だ。escapeと嘆きの森は大好きですが、コンプレックス・イマージュについてはそれ程でもない割に・・・。どっちかというとFriend(再生回数92回で第4位。笑)の方が好きです。まぁ、iPod Shuffleに連続して入れているんで流れで再生しているだけですね。(曲の感想は5/1のエントリー)


●萌えキャラランキング
1.松岡美羽(苺ましまろ アニメ版)
2.常月まとい(さよなら絶望先生 アニメ版)
3.園崎魅音(ひぐらしのなく頃に祭)

このタイミングなら言える。美羽は俺の嫁。他にはげんしけん2のスーとかもグッときます。


●燃えキャラランキング
1.パピヨン/蝶野攻爵(武装錬金 アニメ版)
2.ソルジャー・ブルー(地球へ… アニメ版)
3.カミナ(天元突破グレンラガン)

パピヨンの主人公を喰った活躍が蝶サイコーなのは言うまでもありませんが、ブルーのホモ格好良さは異常。あとはみなみけの保坂とか好き。


●今年発売された中で良かったゲームランキング
1.シャイニング・フォース イクサ(PS2/セガ)
2.スーパーマリオギャラクシー(Wii/任天堂)
3.世界樹の迷宮(NDS/アトラス)

イクサの感想は2/4のエントリー2/6のエントリーで書いてます。
世界樹は4/22のエントリーで。
マリギャラは、結構ボリュームがありまだクリアしていないので感想書いてませんが良作です。
プレイした時間としては機動劇団はろー座ガンダム麻雀+Z さらにデキるようになったな!(NDS/バンダイナムコゲームス)とかも結構やりました。(ゲームとして云々というよりは久々に麻雀ゲー買ったので)


●今年観た中で良かったDVDランキング(公開年関係なし)
1.ダーウィンの悪夢
2.DEATH NOTE -デスノート-
3.ローズ・イン・タイドランド

私的には今年はパッとしませんでした。感想はダーウィンが9/17のエントリー、デスノが6/24のエントリー、ローズが2/11のエントリーで。
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンドはまだ観てません。


●今年観た中でXXXだったDVDランキング(公開年関係なし)
1.ゴーストライダー
2.DOA デッド・オア・アライブ
3.ウルトラヴァイオレット

感想はゴーストライダーが9/17のエントリー、DOAが10/21のエントリー、ウルトラヴァイオレットが1/7のエントリーで。
ウルトラヴァイオレットはココに並べるほどには酷い出来では無かったかもですが、正直期待がデカすぎたので・・・。


こんなところで~。
  1. 2007/12/30(日) 18:09:03|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<2007年の私? | ホーム | 今年一番駄目だった男>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hospitalward.blog7.fc2.com/tb.php/517-e6472f73

如月

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。