FC2ブログ

暗幕と、緑文字。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いつか世界の中心で超巨大アーカイバが自我に目覚める(60bg)

タイトル意味無し。

久々に小寺氏の記事から。

●次世代DVDが起爆しない5つの理由(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0707/09/news008.html

さすが小寺氏、ご意見は正鵠を射ている様に思います。
ただ、これはあくまで一般消費者を俯瞰した話をされている事と思いますが、アーリアダブターの不在についての話はもうちょっと別の視点もあるのかな?と思います。
言わずもがなですが、必ずしもアーリアダブターの需要の延長線上に一般消費者の需要があると言うわけでもなく、その二つの層はある程度切り分けて考える必要があります。

例えばHDDのバックアップとしての用途。確かにHDDのバックアップがHDDというのは現実的に無理のない選択肢・・・というよりは、今時のHDDを丸ごとバックアップしようと思うと、むしろそれが一番現実的な選択肢じゃないか?とすら思ったりもします。
いつの間にやら500GBのHDDが15,000円を切った価格で販売されている時代です。DVD-Rに換算すると50枚強、価格にすると3,000円足らずでしょうが、ちと面倒です。(焼くのも管理するのも)
これが50GBのBlu-ray Discにすると10枚程度で済み、それ程無理のない数になります。ただしメディア単価は3,000円をオーバー。HDDの2倍以上の金額になってしまいます。
でも、HDDをバックアップに使うのはあまり得策とも思えません。そもそも私の感覚的には、ユーザデータで100GBを超えた容量をHDDに求める人種の保存データは、この先も永遠に増え続けるだけだと思います。そうなると保存媒体というのはいくらあっても足りません。しかし、ケースに装着できるHDDの数には物理的な限界があるわけで、方法としてはリムーバブルケースか外付けHDDに逃げる事になると思います。
しかしHDDという奴はあまり通電しないのも良くないらしく、PCに繋げていないHDDは故障率が上がるという話を聞いたことがあります。HDDの容量の大きさという魅力は、破損したときのショックのデカさとトレードオフなので、やはりHDDへの保存もリスキーという感じがします。何台もの外付けHDDを常に繋げっぱなしってのもどうかと思いますしね。

あと意外とありそうなのが、SD画質の映像を次世代DVDに大量に詰め込みたいという要望。アニメで言うと今のアニメは1~2クール(12~26話)が中心なので、まとめて1~2枚のDISCに収めることが可能です。私のような録画->保存ヲタだとDISCの枚数も馬鹿に出来ないぐらい貯まってくるので、結構惹かれるモノがあります。ただ、各社「HD画質のソースを残すなら大容量DISCメディアしかありません」的な売り方をしていて「SD画質のものを大容量DISCメディアで沢山残す」って言うのは、影が薄いようです。それというのも、結局のところ既存のDVD-VIDEOの規格の範疇内の映像を保存しても、(当たり前ですが)それを見るにはHD DVDなりBlu-rayなりのプレイヤーを使用しなければいけないからじゃないでしょうか?
私が思うに、DVDプレイヤーの代替品としての次世代DVDプレイヤーを売り出してみればいいじゃないかと?次世代DVDに保存されているDVD-VIDEO規格の映像が観られる、でもあくまでSD画質のプレイヤーっていう感じの。(流石にダウンコンバートは出来た方が良いかもしれないけど)
そうすればAV機としてはSD性能で良いわけだから、ドライブ以外の部分は既存のDVDプレイヤーと同じモノで作れるわけで、結構お安くできると思うんだけど。(実はドライブの価格に比べるとめっちゃ安かったりする?)
もちろんAV機に限らず、既存のDVDドライブは書込型も含めて全部それで置き換えていく方向で。(次世代DVDについてはあくまで読み込みのみを前提としてコストを削減)
そう言ったことを考えると、個人的には大容量メディアにも価値はあります。もちろん、メディア及びドライブの低廉化と、品質面での信頼性の向上は絶対条件ですけど。

ってな感じで、一部の人間のニッチな需要を吸い上げることでアーリアダブターを獲得していく方向が、とりあえずの打開策になるかな?とか。


でもまぁこれからは高齢化社会になっていくことを考えると、新しい技術、新しい技術って言って追い求めていけば売れるモノが作れるって時代でも無くなるんでしょうねぇ。一般的に女性の方が長生きってのもネックかも。女性って言うのは男が潜在的に持っている少年漫画的拡大傾向とはちがって、今持っているものの延長線上にあるものをさほど求めない気がします。やれ、画質が良くなった、長時間録画できるようになった、っていう様な方向性で売るのは無理があるかな?とか。
それよりは寧ろ、さっきまで見ていた番組を見返したいとか、見逃した番組を見たいとか、HDD内蔵TV系の方が需要がありそうかなぁ?

ま、やっぱり行き着く先は、超巨大アーカイバに無数に溜め込まれたコンテンツをシェアするって方向かな。維持費等は税金にして取り立てちゃえ、とか。元々みんなが見られる前提であれば、コピーの心配もないしね。


コピーと言えばこんな話も。

●コピーワンス緩和 「9回まで」OKに 視聴者利益を優先(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0707/13/news069.html

「9回まで」って、なんで9回なんだろう?自分たちで根拠を示せない縛りをかけると、また自滅するような気もするけど。
一部機種の対応不可は、私みたいな人間にとっては「まぁ、そりゃそうだろうな~」って感じだけど、普通の(技術に疎い、って私も詳しいわけじゃないですけど)消費者にとっては「なんだそりゃ~」なんだろうなぁ。多分、最近の製品は予めこのことを考えて弄りやすく設計しているんだろうけど、昔の奴はどうしようもないだろうねぇ。
  1. 2007/07/13(金) 23:59:59|
  2. アニメとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<不定期連載「今日の買い物(第116回)」(70bg) | ホーム | 隔世の感あり(30bg)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hospitalward.blog7.fc2.com/tb.php/466-0c0e4bf5

如月

05 | 2019/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。