FC2ブログ

暗幕と、緑文字。

重要なのはアクト率の確保かな(65bg)

●「mixiは閉鎖的」---3年後に1000万ユーザーを目指すSNSが登場(NikkeiBP)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060802/244984/

●Any、約5億の増資でSNS事業を本格化。2006年度で80万会員獲得を目指す(Impress)
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/14932.html

1000万ユーザーか・・・。日本の人口が1億2000万~3000万くらいだから、約10分の1。想像ですが、一般的に40歳以上の人のSNS参加率はそう高くは無さそうなので、この超高齢化社会のなかだと、比較的若い世代の内の4~5分の1以上のユーザー数を獲得しないといけないような?
よしんばユーザー数を確保できたとしても、アクティブなユーザーを維持することの苦労は並大抵な事じゃないと思われます。
mixiは国内最大手のSNS(500万ユーザー突破とか。確かにこの数をみると1000万ユーザーは無茶じゃない気もしてきます。ただし、mixiのユーザーをある程度喰う前提ですけど)という事で話題になっていますが、とても高いアクティブ率を誇る(mixiだけは寝る時間を削ってでも続ける、なんて人も一杯いるみたいですし)ことでも話題になっています。

私自身はSNSに参加しているわけじゃないので、以下かなり想像が入りますが・・・。

この高いアクト率(ネトゲ的表現)を維持する原動力の一つとなっているのは、「閉鎖的」であることの様な気がします。
リアルかネット上の知り合いかはともかく、知己からの誘いを受ける事により参加し、折角誘ってもらったんだからと更新を続ける。
初めは義理で入ったような人も、更新を繰り返す内にそれが日課になり、更新しないと落ち着かなくなるなんて人も結構いるんじゃないかな?
つまり人に招待されなければ始められないというのは、始める切っ掛け、更新し続けるモチベーションの維持、双方にプラスに働くんじゃないかと思われます。

閉鎖的なSNSというのは、全てが知人の知人で繋がっているわけで、それは広大で自由であるが故に自分の立ち位置を定めにくい、ネットという社会のなかで、一種の「隠れ家」的存在なんじゃ無いでしょうか。
夕暮れの校庭でタイヤを積んで(私の小学校には遊具としてタイヤを使ったモノがあったので)築いた秘密基地や、山中でのサバゲーで自然のくぼみを利用して作った本陣なんて、子ども時代の仲間内の「隠れ家」。誰にでも一つくらいそんな思い出があるかと思います。(男の子限定?)
子ども時代は、放課後=みんな暇=みんなで遊ぶ、なんて方程式が成り立ちましたが(今の子どもはそんなお気楽じゃないのか?少なくとも私が子どもの頃はまだ成り立ちました)、大人になれば昔みたいに仲良い同士毎晩でも顔を突き合わせたいと思っても、なかなか時間が許してくれません。(嬉しいかな?哀しいかな?私自身はなんとでもなりそうな気もしてしまいますが。わらい。)
そんな中で、会うための時間を調整しなくても良いSNSというというのは、まさに現代の元少年少女達の「隠れ家」なんじゃないでしょうか。
居心地の良い「隠れ家」を維持するなら無粋な「先生」や「おまわりさん」、「仲の悪いグループ」はいない方が良いに決まっています。
その限定された空間を維持するための閉鎖性であるなら、それは否定的に捉えるべきモノでは無いように思うのです。

まぁ、もちろん実際にはもっとマクロ的な視点で参加されている方も大勢いらっしゃるでしょうし、私のブログのように「大した内容も無ければ、発信したいこともないのに、なんで更新を続けているの?」と問われたら「ん~、暇人だから」なんて答える人もいらっしゃるのだろうとは思いますが。

と、別にAnyを否定したいわけじゃ無いんですよ?
ただ誰でも参加できて一人でも始められるSNSなら、既存のホームページサービスやブログとの差が出にくくて、結局始めたは良いけど放置プレイ状態のSNSページ(なんて言うの??)が無数に乱立するだけなんじゃないのかな~、などと思いまして。
そこら辺の工夫、気の合いそうな人同士のマッチングサービスなんかを考えていると思いますので、どんな結果になるのか楽しみな気持ちもあります。
一人ぼっちの「隠れ家(maxiよりオープン)」を、いつもの仲間との「隠れ家(maxiよりオープン)」に導くための妙案に期待したいです。

そう言えば、1000万て言えばDSも国内1000万台突破だっけ?
SNSも拡大を図るなら、比較的年配の人にも好評なDSから、容易にSNSに参加、更新できる様なソフトを開発してみるのも良いんじゃないかな。
既存のゲームのスコアなんかが簡単にアップロードできる様にすれば、離れたところに住む孫と毎日脳トレの結果を比べ合うお年寄りなんてのも出てきそうだよ?
問題は無線LANだけど。わらい。


●[ Any ] --- Anybody Needs You ---
http://myany.jp/


[06/8/4追記]
などと言っていたら、
●「DSでWebを見る」を支援するサービス相次ぐ(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0608/04/news094.html

流石に企業もDSブラウザーには注目していたようで、早い対応ですね。
ま、潜在的な1000万人のユーザ(しかもまだまだ増加中)だもんな、当然か。
  1. 2006/08/03(木) 23:41:08|
  2. PC関連(ニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<Windowsアップデート | ホーム | Safari等がアップデート>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hospitalward.blog7.fc2.com/tb.php/314-1be6c7ec

如月

07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search