FC2ブログ

暗幕と、緑文字。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

玄箱のファイルをバックアップ

最近、思い出したように(文字通り忘れてたりもしますが)玄箱を弄ったりしてます。
実は今までロクに設定ファイル等のバックアップを取っていなかったんですが、流石にそれはマズいかなと、バックアップを取ることにしようかと。
で、ずぼらな私でも面倒がらずにバックアップが取れるように、シェルスクリプトを作りました。

-----ここから-----

#!/bin/sh

#現在の日付&時間を求める
#フォーマットは YYMMDD_HHMMSS
now_date=`date +%y%m%d_%H%M%S`

#バックアップ用フォルダのフルパスを指定
backup_folder='ココにバックアップ用フォルダのフルパスを指定'

#バックアップ用フォルダの存在確認
if [ -e ${backup_folder} ] &&
[ -d ${backup_folder} ]
then
#フォルダの作成
cd ${backup_folder}
mkdir ${now_date}
cd ./${now_date}

#ファイルをバックアップ
cp /etc/hostname ./
cp /etc/hosts ./
cp /etc/hosts.allow ./
cp /etc/hosts.deny ./
cp /etc/ntp.conf ./
cp /etc/profile ./
cp /etc/proftpd.conf ./
cp /etc/wizd.conf ./

#フォルダをバックアップ
cp -R /etc/netatalk ./
cp -R /etc/samba/ ./
cp -R /root ./
cp -R /home/user ./

#バックアップを圧縮(log.txtにログを書く)
cd ..
tar cvf saisinbkup.tar ${now_date} >& log.txt

else
echo ${backup_folder}' NOT FOUND!!'
fi

-----ここまで-----

簡単ですが、こんな感じ。
実行すると、バックアップ用フォルダの下に実行時の日付と時間名のフォルダを作成し、そこに指定ファイル&フォルダをバックアップ。バックアップした内容をsaisinbkup.tarと言うファイル名で圧縮します。(解凍は 'tar xvf saisinbkup.tar -C 解凍先フォルダ'で)
後はWindowsPCを使い、saisinbkup.tarを適当なメディアに書き出して終了って具合です。

ホントならcronを使い自動実行して、Windowsのタスク機能で圧縮ファイルをWindowsPCに保存とかした方が良いんでしょうが、当面そこまでやるつもりは無し。設定とか弄ったときに手動でやることにします。

システム全体のバックアップも取ろうとすれば取れるんだと思うけど、どうしようかな~?やり方だけでも調べてみようかな(とか言って調べた試しがないけど。わらい)
  1. 2006/03/04(土) 20:26:46|
  2. PC関連(玄箱)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<仕様っていうことで、終了? | ホーム | またまたAppleもアップデート>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hospitalward.blog7.fc2.com/tb.php/235-22d41484

如月

05 | 2019/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。