暗幕と、緑文字。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2008年の私?

例年通りの(07/12/31のエントリー)形式で。

・DVD-R焼き枚数

1月 30枚
2月 31枚
3月 28枚
4月 32枚
5月 34枚
6月 33枚
7月 28枚
8月 40枚
9月 35枚
10月 30枚
11月 35枚
12月 29枚

計 385枚
総タイトル数 145タイトル
去年に続いて右肩下がり。いや、結構なことです。焼きは全部VARDIA RD-S300にて。ドライブの寿命って大体1000枚~2000枚くらいって聞いた気がするから、去年と合せて半分くらいは使い切ったって感じかな?


・お金の使い道

例年どおり「今日の買い物」の集計です。

ゲーム関連 ¥255,209 (前年比 147%)
PC関連 ¥150,466 (前年比 1087%)
AV関連 ¥20,260 (前年比 24%)
DVD-VIDEO ¥18,040 (前年比 20%)
DVDディスク&ケース台 ¥26,417 (前年比 66%)
家電 ¥28,950 (前年比 207%)
服飾関連 ¥66,585 (前年比 49%)

360買ったこともありゲーム大幅増。
せっかく(?)なので何々を買ったか列挙してみましょう。

Xbox360(10本)「SOULCALIBUR IV」「旋光の輪舞 Rev.X」「DEAD OR ALIVE Xtreme2」「Test Drive® Unlimited」「Forza Motorsport® 2」「PROJECT GOTHAM RACING 4」「ACE COMBAT 6 解放への戦火」「The Elder Scrolls IV OBLIVION」「オトメディウスG」「Fable II

Wii(6本)「大乱闘スマッシュブラザーズX」「マリオカートWii」「シムシティクリエイター」「風のクロノア door to phantomile」「428 ~封鎖された渋谷で~」「BLEACH バーサス・クルセイド

DS(9本)「世界樹の迷宮II~諸王の聖杯~」「TIME HOLLOW ~奪われた過去を求めて~」「バンガイオー 魂」「ひぐらしのなく頃に絆 第一巻・祟」「三国志大戦・天」「シグマハーモニクス」「カルドセプトDS」「ひぐらしのなく頃に絆 第二巻・想」「ブレイザードライブ

PS2(4本)「涼宮ハルヒの戸惑」「ギルティギアイグゼクス アクセントコアプラス」「ペルソナ4」「スーパーロボット大戦Z

PSP(3本)「起動戦士ガンダムギレンの野望 アクシズの脅威」「エコークローム無限回廊」「剣と魔法と学園モノ。

買いすぎ。その他にもWiiと360はダウンロード販売のゲームも買っているのでさらにプラスですよ。わらい。
PCはCPU切替機ATEN CS1782(5/26のエントリー)と、それに関連してグラボを買ったり、あとは玄箱PROとHDDなどなど。
その他は軒並み減。
全体としては去年より若干使ったってとこでした。


今年も色々な人にご迷惑をおかけしたり、お世話になったり、サンキュサンキュな毎日でした。
来年の皆様のご多幸を心からお祈りいたします。

では、良いお年を!!
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 17:38:37|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2008年色々ランキング

恒例(?)の(2007/12/30のエントリー)私的ランキングを。

アニメ2008年放映作より(2007年放映開始、2008年終了含む)

●良かったアニメTOP3
1.RD潜脳調査室
2.魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~
3.ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~

今年もそれなりに面白いものが多かったですが、頭一つ抜け出すって感じの作品が無くて順位付けに迷いました。

1位のRDはプロダクションI.Gと士郎正宗の近未来SFもの。攻殻機動隊S.A.C.と同じ原作者&制作会社で作られているので似たような雰囲気はありますが、あそこまでクライムアクション的ではなく、牧歌的・・・は言い過ぎか?意外とほのぼの系で期待していた方向とはズレていたんですが、そこが逆に良かった感じで。
でも、PCやネットワークを全く知らないとキャラクター達がなにを話しているのかわからないところがあるのは攻殻と同じで、そこら辺の雰囲気を楽しみたいって人がガッカリすることは無いと思います。最近だと電脳コイルとか楽しめた人はOKかな?とか。
あと特筆すべきはキャラデザ。全女性キャラがぷにぷにというか、ぽっちゃりというか、いわゆる安産型?デブと評する視聴者も多かったようですが「(ぷには)デブとは違うのだよ、デブとは」と、声を大にして主張しておきたいです。あ、ユキノあたりまでいくとデブの領域ですが。
そんなわけでキャラデザでスルーした人も多いみたいですが、個人的にはそこがツボだったので珍しく萌え萌えしながら観てました。俺キモス。
2位は現代社会に魔法遣いがいたら?というIFもの。前作のアニメも好きだったんですが、今作も良かったです。
魔法遣いは魔法局と呼ばれる国家機関によって管理され魔法も厳格に運用されているという設定ではありますが、実際のところは人情話なので、細かいことを気にすると何もかも矛盾に満ちているのは前作と同じ。そのあたりを気にしないで、話の流れに身を任せられる人向けの作品と言えます。
手抜きと言われる実写取込みの背景処理も何気に気に入っていたり。
3位は昔懐かしいドルアーガのアニメ化。最近オンラインゲームになったので、それのマルチ展開の一環です。
OPが物語のキャラクター達が現代社会で生活している姿を描いたものだったので、.hackと同じオンラインゲームでロールプレイをしている人たちの話なのかと思っていたら、普通に中世ファンタジー的アニメでした。
内容はギャグありシリアスありの主人公成長物語で、いわゆる王道タイプ。そして最終話が"YOU ZAPPED TO ..."これぞドルアーガ!!な終わり方。1月から始まる続編もかなり期待しています。

その他は狼と香辛料true tears仮面のメイドガイ鉄腕バーディー DECODE夏目友人帳xxxHOLiC◆継今日の5の2CHAOS;HEADなどが面白かったです。狼、夏目、バーディーといったあたりは続編もあるので楽しみ。
あとは、機動戦士ガンダムOOマクロスFRONTIERコードギアス 反逆のルルーシュR2といった全国ネットのアニメは流石に高クオリティでしたね。マクロスなんか(話が面白いかどうかは別にして)作画が非常に綺麗でスゴすばらしい!

今観ている中ではとらドラ!が一番のお気に入りですので、今後の展開次第では来年のランキングに入ってくるかも。


●駄目だったアニメTOP3
1.モノクローム・ファクター
2.みなみけ~おかわり~
3.一騎当千 Great Guardians
(特別枠)アイシールド21

モノクロは凄くつまらなかったんですが、それ以前に私が観るタイプのアニメではなかったです。なぜ観ちゃったんでしょう?
みなみけ~おかわり~は童夢制作のみなみけ(一期目)とギャップが激しすぎて・・・。(童夢版はまんま苺ましまろでしたけど)
そして第三期のおかえりはなぜかおかわりと同じアスリード制作。何故だ!!
一騎当千も第三期ですが、どんどんヒドくなっていますね。ぶっちゃけ闘っているだけでそれなりに人気が出そうな気がするんですが、闘ってすらいないという。どうなの?
アイシールドようやく終わりました。良かったです。漫画は好きなんだけどな。D.Gray-manのアニメは終わっちゃって残念。原作のストック尽きちゃって、連載も休んでるから仕方ないけど。(HUNTERxHUNTERと同じ状態だしOVA展開でもされるのかしら?)


●良かったアニメOPのTOP3
1.マクロスFRONTIER(ライオン/シェリル・ノーム starring May'n&ランカ・リー=中島愛)
2.ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~(SWINGING/ムラマサ☆)
3.屍姫 赫(Beautiful fighter/angela)

●良かったアニメEDのTOP3
1.屍姫 赫(My story/angela)
2.マクロスFRONTIER(ノーザンクロス/シェリル・ノーム starring May'n)
3.俗・さよなら絶望先生(恋路ロマネスク/絶望少女達)

マクロスFはシリーズ通して歌がテーマなだけあって流石の出来。「ライオン」自体はそれほど好きでもなかったりしますが、演出が格好良いので大きくプラス。「ノーザンクロス」の方は歌が良い。実写(実際のアーティスト)が出てくるEDはかなりダメダメなのが多いんですが、コレは効果的に使われていたのでよろしいかと。
ドルアーガは2パターン用意して芸が細かかったし、スピード感もたまりません。やっぱり描き文字のOPは高評価になってしまいます。
屍姫はangelaさん鉄板すぎってことで。このあたりは、アニメのOP・EDとしてというより歌の出来でこの順位にしちゃってる気もするんで私的には駄目かも。
恋路ロマネスク・・・名曲じゃね?<-だからそれじゃ駄目なんだって。わらい。

その他ロミオ×ジュリエットのOP・ED、灼眼のシャナIIのOP(どっちも)、鉄腕バーディー DECODEのOPなんかも良かったです。


●アニソン聴いた回数ランキング(2008年発売のもの)
1.リフレクティア/eufonius/84回
2.そら/Hearts Grow/78回
3.F.D.D./いとうかなこ/76回

リフレクティアが名曲。
以下は、ノーザンクロス、追想のディスペア、SWINGING、篝火、Beautiful fighter、O2 ~オー・ツー~、射手座☆午後九時Don't be lateと続きます。


●萌えキャラランキング
1.シェリル・ノーム(マクロスFRONTIER)
2.石動乃絵(true tears)
3.蒼井ミナモ(RD潜脳調査室)

シェリルはズルい女ですが、そんなところが萌えです。あと、歌シェリルが神すぎたって事で。
石動乃絵(いするぎのえ)電波万歳。変人属性のツボにビビっときてしまいました。
ミナモは上でも書いているとおりぷにがね。ぷに。
あとは、マクロスFRONTIERのクラン・クラン(マイクローン)や狼と香辛料のホロ、ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~のクーパ、xxxHOLiC◆継の小羽、とらドラ!の大河や亜美などなど。

●燃えキャラランキング
1.ジェレミア・ゴットバルト/オレンジ(コードギアス 反逆のルルーシュR2)
2.ブラック☆スター(ソウルイーター アニメ版)
3.ジル(ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~)

「枢木スザク、君には借りがある。情もある。引け目もある。しかしこの場は、忠義が勝る!」「受けよ!忠義の嵐!!」「オレンジ?ふふっ、それは我が忠誠の名前」格好良すぎだぜ!ジェレミア!!18話は神回だな。
ブラック☆スターとジルはいわゆる「男の子」キャラ。ビッグマウス&有言実行。ドルアーガ最終回、ジルの「もう一度!!」は良いヒキだね。

その他、今年はコードギアス 反逆のルルーシュR2の紅月カレンと、ソウルイーターのメデューサという、萌えと燃えを兼ね備えた女性キャラが熱かったです。特にロリっ娘になって復活したメデューサの今後に期待大。私もベクトルアローに突き刺された・・・くはない。


●今年発売された中で良かったゲームランキング
1.428 ~封鎖された渋谷で~(Wii/セガ)
2.マリオカートWii(Wii/任天堂)
3.スーパーロボット大戦Z(PS2/バンダイナムコゲームス)
3.ブレイザードライブ>(DS/セガ)


神ゲー428の評価は12/20のエントリーで。
マリオカートは定番ですが、やっぱり楽しいです。ガチ対戦のゲームとして遊ぶにはちとアイテムが強すぎでバランス悪いですが、基本パーティーゲームなので気になりません。一人で遊んでると150ccのCPUが強すぎるように感じるのは私がヘタレなせいでしょうか?
スパロボはまだ終わらせてないんですが、久しぶりにスパロボシリーズを面白く感じました。(SRポイントを取ってハードモードを進むと)ちょうど良い難易度と、満遍なくキャラを使えるゲームデザインが良いな。
実は今年は360を買ったこともあって、32本もゲームを購入したんですがほとんどマトモにクリアしてません。360のゲームは大半がプラコレ(ベスト版)なのでそもそもランキングの対象外ですが、一番期待していたPS2のペルソナ4に至ってはロクにプレイすらしていない始末。(3時間くらいはやったかな)
今メインでプレイしているはDSのブレイザードライブと360のFable IIです。Fable II期待していたんですが、今ひとつ。逆にブレイザードライブは結構楽しいです。
今年初めてプレイしたというタイトルとしては360のDEAD OR ALIVE 4はやっぱりシリーズ通して大好きですし、Catanも何気に面白かったです。そしてテストドライブアンリミテッドのゲームシステムに感心。


●今年観た中で良かったDVDランキング(公開年関係なし)
1.パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
2.デイ・ウォッチ
3.アポカリプト

感想は1と3が1/5のエントリー、2が8/6のエントリーで。
今年はあまり観なかったので、駄目映画ランキングは無し。


こんなところで~。

[09/2/11追記]
ゲームランキングの3位をブレイザードライブに変更。
感想は09/2/11のエントリーで。
  1. 2008/12/30(火) 18:27:16|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今夜の食事

職場の同僚の車に乗せてもらって天童の蕎麦屋にラーメンを食べに行きました。(野郎五人、車一台)

●天童登録 水車生そば
http://www3.ocn.ne.jp/~suisya/

Webページを見てもらえばわかるかと思いますが、蕎麦屋なのにワザワザ鳥中華(ラーメン)に一つタブを割いている謎な店。隠れメニューとかなってるのに全然隠れてないという。お土産セットまであるし。(<-買って帰った。わらい)

スープは和風。具は鶏肉、ネギ、天かす、刻み海苔で、食べた結論としてはおいしかったです。
オススメしてくれたのが天一(天下一品ラーメン。こってりというかギトギトというか、酔ったときにしか食べたことがないので正確な味がわからなかったりしますが、私的にはラーメンという食べ物のカテゴリでは無い。「天一」という食べ物だと思えばマズくはない気がします。どっちかというとスープパスタとかの世界?)が好きな人なので「どうだろう?」とか思いつつだったんですが、思ったよりあっさりした味でした。

一緒に板そばも頼んで食べたんですが、私的には「それほど」って感じでした。おいしくないわけではないですが、堅くて太くて食べにくい感じ。
元々蕎麦喰いでは無いので何とも言えませんが。


ところで個人的に好きな麺類は、そうめん>うどん>>ラーメン>>>そば。(パスタはちょっと毛並みが違うように感じるので除外)

帰りの車中で、なんでそばが一番下なのか考えてみました。
私はご飯が好きですが、それは白いご飯だけで食べるのが好きなのではなく、あくまでおかずと一緒に食べるという前提です。「ご飯だけ」だったらパンの方が良いです。
麺類もそれと同じで、麺+汁だと魅力を感じません。素うどんとかならやっぱりパンの方が良いです。
ラーメン、うどんの類は上に具材をのせて食べるのが(少なくとも私が考える世間一般的には)普通なので問題ないのですが、そばというと大抵そば+汁、せいぜい薬味がデフォってイメージです。もちろん上に具材をのせたそばや、天ぷらとそばを一緒に食べたりというのもあるのはわかっていますが、所謂「蕎麦喰い・蕎麦好き」を自称する人たちがそう言ったそばを語るところを殆ど聞いたことがありません。
するとやっぱり、そばはそばだけで楽しむのが普通なのかな~、あまり魅力は感じないな~、と私的にはなってしまうのです。まぁ、上であげた4つの麺類の中で、一番麺そのものに味があるのはわかりますけどね。(他人の喰い方なんて、どうでも良いと言えばどうでも良いんですが)

因みにウチのそうめんの食べ方は主に以下の通り。
1.鶏肉、なす、椎茸、タマネギ等を入れた温かい汁で食べる
2.温めた汁にそうめんを入れて上に具材をのせて食べる(普通うどんなところがそうめんになっただけ)
3.冷やし中華のそうめんバージョン(汁はめんつゆ)
4.炒めそうめん(具はネギ、椎茸、卵など)
以上、ウチはそうめんも具入りだしバリエーションも多いので一番好きなのです。(そういえばウチの食卓のメニューには焼きうどんって無い気がする)

#なんかまた風邪ひいたかも。
  1. 2008/12/25(木) 23:59:59|
  2. 食生活|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「428 ~封鎖された渋谷で~」の感想

とりあえずメインストーリーをクリアしたので感想を。

まず最初に、私は「街」をプレイしたことがないので、「街」をプレイしたことのある人とはまったく違う視点での感想であろうことを断っておきます。

・プレイ時間
メインストーリークリアまでのプレイ時間は23時間20分。(BAD END回収数45)
今回は放置時間はほとんど無いはずなので、ほぼプレイの実時間と思っていただいてOKです。
近頃の同人ゲ・ギャルゲ・(世界観重視)エロゲ系にありがちな、膨大な文章量とプレイ時間を誇るAVGに比べるとボリュームが少ないように感じられるかも知れませんが、冗長のない洗練された文章とスピーディーな物語の展開は、実際のプレイ時間以上に濃密なひとときを与えてくれます。終わってみれば「え、もうこんなに時間が経っていたの?」と思うこと請け合い。
最近のAVGというと、ダラダラと日常描写が長いだけで、肝心の「ストーリー」の部分は薄っぺらいなんてことも多いのですが、このゲームは全編これ事件!!です。(「お前がそんなAVGしかしてないんだろ」と言われればその通りで、しかもそれはそれでキャラへの愛着が深まって嫌いではなかったりしますが)
こんなことを書くと「主人公達自らががストーリーを導くための狂言回しに終始して、個性の掘り下げが無いのでは?」などと思われるかもしれませんが、その心配は無用です。物語中に回想シーンなどを挟むことにより、主人公達の背景が語られ、それぞれが何故ここまで精力的に動くのかと言った行動原理(それぞれの主人公が大切に思っているもの)を理解することが出来ます。(それでも確かに、前述のAVG郡に比べればキャラクターは漠としてはしまいますが)


・システム面などの話
このゲームのシステムに私甚く感動したんですが、以前聞いた事のある「街」のシステムも似たような感じだったと記憶しているので、実は10年も前に完成されていたものを踏襲しただけなのかもしれません。

システムを軽く説明します。

ゲーム内の時間は、大きくは1時間単位、小さくは5分単位で区切られており、メインストーリーは4月28日の10時から20時までの間で展開されます。(<-ちょっとネタバレ?)
プレイヤーが操作する主人公は5人いて、それぞれの主人公はこの5分を1シーンとして行動をしています。(1シーンが5分以上の場合もありますし、全ての主人公について5分*12回で1時間分のストーリーがあるわけではありません。何もない時間帯もあります。)
主人公は任意のタイミングで切り替え(ザッピング)られますが、一人の主人公のみをずっと読み進めていくようなことは出来ず、その時プレイしている主人公が1時間区切りの最後のシーン(最後の5分)を終えると「TO BE CONTINUED」と表示され、全ての主人公についてその状態にしないと次の1時間には進めないようになっています。
またそれ以外にも、物語中の随所で「KEEP OUT」と表示され、その主人公の物語を進められないようになり、そういった場合は、別の主人公の物語のJUMPポイントからその主人公に切り替えて進める必要があります。(ex.主人公Aのケータイが鳴るところで「KEEP OUT」。主人公Bの物語を進めていくと、やがて主人公Aに電話を掛けるシーン(JUMPポイント)に行き着く。そこで主人公Aに切り替えると主人公Aの物語が続けられる。など)
主人公5人は、物語がある程度進むまでお互いを知らないのですが、それぞれの行動とそれに伴う影響は奇妙に(ゲーム的に)絡み合っており、ある主人公の選択はその主人公自身の物語に大きな影響は無いが別の主人公の物語のBAD ENDに直結している、などという事が多々あります。そういった場合BAD END時にヒントが表示されるので、別の主人公に切り替えて問題となる選択を変更してやることでBAD ENDを回避することが出来ます。(ゲーム全体を通して、その時プレイしている主人公の選択が自身のBAD ENDに関連していることより、他の主人公のBAD ENDに関連していることのほうが圧倒的に多いです。)

大雑把なシステム説明はこんなところです。

これだけでもなかなか特異なシステムで面白そうに感じられるのではないかと思いますが、これにスピード感あふれるスリリングなストーリーとツボをおさえた演出が加わると・・・凄い事になります。というか、現に凄いゲームになってしまったのです。

それぞれのキャラクタの立場から物語の一面を掴みつつ、プレイヤーの視点で物語の全体像を俯瞰するというのは既存のマルチサイトAVGとなんら変わらない構造なわけですが、TO BE CONTINUEDやKEEP OUTにより細かく区切られることで、ザッピングを繰り返して全ての主人公の物語を徐々に進めていくこととなり、結果的にプレイヤー側のみが突出した情報を持った状態で物語を進める主人公がいなくなるので、どの物語も最後まで楽しむことが出来ます。
また、TO BE CONTINUEDやKEEP OUTのポイントも「これからイイところなのに!!」という感じで(人気ドラマの次週へのヒキを思い浮かべてもらえれば)実にウマく、物語途中のJUMPポイントで次々と主人公を切り替えていくというゲームシステムに合ったシナリオ構成の妙と相まって、AVGというジャンルではちょっとお目にかかれない異常な疾走感と没入感で、まさに止め時を見つけられないゲームに仕上がっています。
1時間の区切りをクリアするごとに、次の1時間の予告編(30秒くらいかな?)が流れるんですが、それを見てしまうとつい「もう少し。もう少し。」と。
私はこういったゲームの場合常に同じ順番(主人公A->B->C->の様な)に読む進めるタイプなのですが、このゲームはどの主人公のストーリーも続きが気になって、1時間区切りの開始時には毎回誰から読もうと迷うほどでした。(シナリオ選択シーンの主人公達の立ち姿も、物語内の時間の経過に合せて変化するなど本当に神経を使って作成されたゲームなのがわかります。14時台のタマの選択シーンの初回とか可愛すぎ。)

まぁ、少し醒めた視線で見てしまえば、その時の操作キャラクターのフラグ立てを別のキャラクターでしなければならないと言うだけのことなんですが、それぞれの主人公のストーリーが綺麗に交差するせいで、パズルのピースがカチリとハマるカタルシスが味わえるあたりも、AVGというジャンルとしては格別の体験かと。「ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか」ではないですが、世の中なんて綱渡りの偶然で成り立っている、なんて考えさせられるゲームです。(<-自分で何言ってるのか良くわかってない。わらい)
システム的な意味合いでゲームとして楽しませてくれるAVGは希有な存在だと思うので、そう言う観点からもオススメできるゲームと言えます。


それと、ユーザビリティを重視したインターフェース周りも秀逸で、ゲームへの集中を妨げないように工夫されています。

分岐点やJUMPポイントを見失わないようにタイムチャート上にはアイコンが表示されていますし、ある主人公の行動が別の主人公のBAD ENDに繋がる場合など、主人公の行動をタイムチャートでさかのぼって変更することがままありますが、その変更が他の主人公の物語に影響がある時は影響を受けた主人公の該当箇所以降のタイムチャートが消えるので、どの選択肢がどの主人公に影響があるのかを視覚的に判断することができる様になっています。変わるのは一部のみでその後の展開は以前と同じになる場合は、変更部分だけを読めばタイムチャートが復活しその後の文章を読み直す必要もないので無駄に時間を取られることもなく、ここら辺もゲームのテンポの良さに一役買っています。
こういったシステムがしっかり理解できていれば大きく詰まることもないし、ストレスを感じることも無いと思うので、若干舌足らずなところのある説明書は少し残念かも知れません。(ゲーム内チュートリアルもありますが。)

なお、操作はWiiリモコンのみの片手プレイ可能でゲーム中ポインタを使用する事も「振る」必要もないので、リモコンをあらぬ方向に向けていてもなんの問題もありません。リラックスした姿勢で楽しめます。
あと、これは人によって意見が真っ二つに分かれそうですが、このゲーム基本的に(型月のおまけシナリオにはあるのを確認)ボイスがありません。私的にはスピード感も損なわれないし良い点の一つと受け取っていますが、今時ボイスもないなんて~って人には大きなマイナスかも。


・ストーリー面の話
とは言っても、AVGのストーリーはネタバレ無しには語りにくいので、感想の代わりに各主人公のストーリーについて私なりの煽り文を考えてみました。

加納慎也
警察官を選んだ動機はひどく単純なものだった。大した使命感も持たないまま職業としてこなす日々。そんな加納を変えたのは、一人の刑事(デカ)との出会いによって気付いた警察官のあるべき姿だった。
そして今、ひとつの事件をきっかけに刑事として進むべき道を見失ったとき、目の前に立ちはだかったのは「夢」「理想」「憧れ」その『真実』だった。涙を流し銃口を向ける加納、その弾丸が打ち抜くものは?


遠藤亜智
偶然出会った少女を助け、亜智は大好きな渋谷を奔走することになる。理由もわからないまま命を狙われる少女。忍び寄る影、その正体の一端を知ったとき、亜智は少女との出会いが偶然ではなく必然であったことを悟る。
決断のとき、亜智が最後に守ったものは?


御法川実
敏腕フリーライター御法川の携帯に飛び込んだ、昔馴染みの危急の知らせ。取るものも取りあえず駆けつけた御法川の前には、途方に暮れた友の姿があった。泣き言を連ねる男の目前に御法川の人差し指が突きつけられる。「簡単にあきらめるな!俺を誰だと思っている!!」
口に出したからには完遂する。それがプロの仕事だ。御法川の記者魂を賭けた一日が始まる。


大沢賢治
妻、娘、友。様々な煩わしいものから目を背け、仕事という大義名分の元、大沢は研究に没頭してきた。気づかぬうちに様々なものを失いながら。
そして今日、大沢は自分が真に向かい合わねばならない現実に直面する。「まだ、遅くはないはずだ・・・。」勇気を振り絞り踏み出した一歩。その先にある未来は?


タマ
渋谷の雑貨店で見かけたペンダントに運命的な何かを感じたタマは、おかしな社長の下、奇妙なバイトに精を出す。
脱げなくなった着ぐるみ、いつぶつけたのかズキズキと痛む後頭部、次々に起こるトラブルにも挫けずまっすぐ前を見て走り続けるタマ。
タマは未だ知らない。今日という一日が、渋谷にとって、そして自分にとって、一番長い一日になることを。


駄文失礼。

最初はバラバラに始まるストーリーが怒濤の展開で一つに重なるあたり、今まで多くのゲームをしてきた中で初めて「これぞゲームのために書かれたシナリオ!」と心から思えました。街中で拳銃を振り回す杖の男とか現実味のないところも多々ありますが、そんなの些細な揚げ足取りで。
どの主人公の物語も魅力的な展開ですが、私的には、御法川>大沢>タマ>加納=亜智といった感じかな。
事件の中核からはちと離れた御法川シナリオが一番好きなあたり、ひねくれ者の私らしいというか。いや、「御法川シナリオが」ではなく「御法川が」好きなだけかも知れない。カッコイイぜ、御法川。

注意点として、このゲームはマルチサイトAVGであって、マルチ「シナリオ」AVGではありません。(「弟切草」や「かまいたちの夜」の様に選んだ選択肢によって色々なシナリオに派生するゲームではない。・・・多分)
誤った選択イコールBAD ENDであり、それを回避して一本の物語を紡いでいくゲームです。ただしBAD ENDを見た数が隠し要素のトリガーになっていたり、BAD END自体がおもしろストーリーだったり、ゲームの核心部分を推測させる内容だったりと只のハズレではありませんが。


・Wiiであること
ゲームの方向性や難易度からしても、ライトユーザーに(もちろんコアユーザーにも)手にとって欲しいゲームなので、Wiiという選択は悪くなかったと思います。ただ、繰り返し遊ぶタイプのゲームではないため(まだ全部の要素を見たわけではないので確かなことは言えませんが)プレイ時間あたりの単価が高そうなのはマイナス点かも知れません。(私は全く気になりません)


・総評
数年に一度出会えるかどうかの神ゲー。思い出補整のかかった菅野ひろゆき氏の「EVE burst error」や「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を抜かし、生涯AVGランキング1位に鎮座しました。久々に夢の中でもゲームしてたよ。
システム良し、シナリオ良し、ビジュアル良し(アニメ絵バージョンが欲しいなんて言ってた(12/4のエントリー)2週間前の自分orz。このゲームでアニメ絵とか、あり得ないわ)と、三拍子そろったサウンドノベルの傑作。AVG好きならこの冬428をやらずに何をやる?
こんなゲームが売れてないなんて哀しすぎる。Wiiの普及台数から考えれば、ハーフミリオンぐらい「売れて欲しい」ゲーム。Wii持ってる奴は黙って買っとけ。Wiiを持ってなくても428、マリギャラ、マリカの3本で十分元は取れるはず。ハードごと買っとけ。


●428 ~封鎖された渋谷で~
http://chun.sega.jp/428/

#音楽はタマのテーマ(?)が良かった。あとなにげに脇役の眼鏡率が高かった気がする。千晶カワユス。
  1. 2008/12/20(土) 17:58:30|
  2. ゲームとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

不定期連載「今日の買い物(第172回)」

不定期連載「今日の買い物」コーナー。

今日もしつこくゲーム。

・Fable II リミテッドエディション ¥6,380
・BLEACH バーサス・クルセイド ¥6,270
締めて¥12,650也。

Fable IIは予約していたのを引き取り。
ファミ通のクロスレビューで「フリーズバグ有り」てな事が書かれていたのでチト不安だったりもしますが、そのワリには9-8-7-8とそれなりの評価なところがなんともほにゃららな感じ。メインのストーリーが15時間程度というのは世間的にはマイナス要素らしいですが、私的にはちょうど良いボリュームかと思ったり。その他の脇道が充実してればね。
オブリをやりかけで似たような方向性(?)のゲームに手を出すのもどうかと思いますが、先ずはメインストーリーだけを遊ぶつもりで善人プレイをしてみようかと。面白かったら後でじっくり悪人プレイを・・・。

BLEACHは買うかどうか迷っていたんですが、結局購入してしまいました。初回特典のカレンダー付き。
決め手はWi-Fi対戦。タツカプは無しだったのでスルー、コレは有りだったので購入。やるやらないは別として、今時ネット無しの対戦ゲーは辛い。
ちなみに販売はセガですが開発はトレジャー。最近のトレジャーは任天堂ハードでばかり作ってますね。会社のイメージ的には360のDLゲーが似合う気がしますが。斑鳩だけじゃなく銀銃も是非。オリジナル&アレンジモード付きならパッケ売りの8,000円くらいでも買いますよ。
トレジャー×BLEACHの組み合わせもDS版2作を含めて3作目。DS版2はトレジャー初の単独ハード続編だったことを考えると、このWii版も人気次第では続編あるかもね。でも本当は、トレジャーならNARUTOの方が合いそうな気もするんだけどね。あっちはバンナムだけど。

#今日一日でゲームを6本も予約してきてしまいました。病気でしょうか?年内中に一回(気になるゲームの)「これからの注目作」のエントリーを書きたいなぁ。


●Fable II リミテッドエディション(マイクロソフト)
http://www.xbox.com/ja-JP/games/splash/f/fable2/default001.htm

●BLEACH バーサス・クルセイド(セガ)
http://bleach.sega.jp/vs/index.html
  1. 2008/12/19(金) 21:28:47|
  2. 今日の買い物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日観たDVD

実際に観たのは6日。

●ひぐらしのなく頃に 劇場版
http://www.fwinc.co.jp/package/FCBM-0005.php
http://www.higurashi-movie.com/index.html

近年もっとも成功した同人ゲームとおぼしきひぐらしが、遂に実写映画に!!で、もちろんまったく期待しないでDVDを観てみましたので、感想を。

全体的な違和感を列挙してみます。(基本原作厨視点)
・圭一の目つきとガラが悪い。元々品行方正なイメージではないけどね。あと、変に人見知り激しすぎ。雛見沢に引っ越してきてからの圭一は快活でよく言えば人なつっこい、悪く言えば図々しいイメージを狙っていたのでは?
・魅音の乳が・・・無駄な再現度。あ、良い点かコレは。
・沙都子がめちゃカワイイ。あ、コレも良い点か。原作もカワイイし!!
・沙都子と梨花ちゃまの年齢が高すぎ。梨花ちゃまに胸がある時点で重度の梨花ちゃま教徒は受け入れられないのでは。いや・・・私は別に・・・ゲフン。ホラー系の作品には子供は使えないとか、制限でもあるんでしょうかね?
・前原父ちょっとワイルドすぎ。もっと繊細な感じなんだけど。草刈正雄とかどうよ。あ、そういえば前原父の絵、初公開か?
・トミーひょろすぎ。ちょっとオダギリっぽくて好きだけど。
・三四おばさんすぎ。あと格好が妖しすぎ。
・入江先生普通すぎ。(<-これが違和感になるものどうかと思うけど)ちょっとにやけたような感じがするのは悪くないかな。
・沙都子がカレー(知恵先生)にトラップを!?ただの黒板消し落としですが、そんなシーンは原作にはありませんでしたね、ってのはともかくとして、チョークの粉を払いもしないで淡々と圭一を紹介する姿に(常識的な意味合いで)違和感が。わらい。
・児童・生徒全員同じ制服着てる。まぁ、自然、なんですがね・・・。
・オヤシロさまの神事の最中におしゃべりをするレナは、やっぱりちょっと。
・「嘘だ!!」の演出、チープすぎ。
・あの針の映像は不必要にショッキングだが、逆に圭一の感じた恐怖に関する演出が弱いな~。演技力の問題もあるけど。てか、実際怪我しちゃ駄目だろ?ストーリー的に。しっかり絆創膏の上から血が滲んでたし。(むしろ滲ませなかったら良い演出だな、とか思うけど)
・初めて診療所を訪れた圭一に対して、入江がL3を押さえているあたりは原作シナリオの矛盾が補完されていて逆に良い感じ。
・妄想ヒドくなりすぎ。
・大石、証拠品に素手でさわるなよ。
などなど。

違和感と取るのは可哀想すぎる点として、映画化するにあたって
・梨花の「にぱ~☆」や魅音の「おじさん」に代表されるイタイ口癖や口調(は沙都子メインか。あ、「なのですよ」な梨花ちゃまもか)をほぼ全カット。レナの「~かな。かな。」だけは何回か言ってたけど。
・部活は設定含め全てカット。沙都子のトラップワークなどもカット。
などをして、全体的に極力イタイ要素を排除し、一般層に観てもらえるように努力をしています。良かったような、残念なような。
ま、あのままのノリだったら、ファンもイタくて観ていられないでしょうが。基本、文章で進まざるを得ないノベルゲーだからこそ必要なキャラ付けって部分もあったわけだし、映画化で表現が変わるのは当然か。

物語としては、鬼隠し+綿流しシナリオなのかな。
魅音は明らかに詩音のシーンがあるし(大根すぎ、はともかく)、圭一も祭具殿に入り込んでいるし(このシナリオのK1は完全に自業自得ですね)、病院のベッド(入江診療所、高度医療に手出し過ぎですよ)で死亡だし。
物語が短いこともあって、注射器=マジックをそのまま証拠品として取り扱っているあたり難易度低めですが、前述の「針」の演出もあって意味不明状態な気もします。最後にまさかの羽入登場もあって、かなりわやくちゃな印象。
映画として扱うなら綿流しに絞った方が展開的にも面白いし、わかりやすかった気もしますね。

とりあえずVシネの域を出ない作品ですが、続編も決定らしいのでそれと合わせてどうか、ってとこでしょうか。


●ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛
http://wdshe.jp/liveaction/product/index.jsp?cid=845
http://www.disney.co.jp/narnia/narnia2/index.html

第1章はケチョンケチョンだったので(06/9/16のエントリー)もちろん期待しないで観ました。

まず、話がちゃんと続いていること自体を知らなかったので、垢抜けない4人兄弟姉妹がそのまま登場してきたところに萎えました。もっと美形を使えば良かったのに。

で、映画としては流石に1作目よりはマシ。
ストーリーは、ナルニアに侵攻した人間の王国の王位の簒奪を狙った敵役を、王位を追われたカスピアン王子と4兄弟が協力して退けると言うもの。
敵役の道化の王様っぷりは良いけど、肝心の簒奪の経緯が曖昧だったり、主人公たちが結構逃げ腰だったりといま一つすっきりしない話ではあります。そして最後は1作目同様ライオンさんが丸く納めてたり。
主人公たち(というか、長兄)は相も変わらずガキっぷりを発揮していますが、殺陣は前より遥かに良くなっています。他の兄弟もですが、結構普通に人殺してたりするあたり、成長した・・・のか?特に姉の戦闘能力が高くてびっくり。LoRのレゴラスばりに接近戦でも弓をシュパシュパ。弟も参謀っぽくて格好良い。

原作を読んでいないので、果たしてこの映画化が忠実なものなのかどうか判りかねますが、もし原作どおりなのだとすると、何故世界三大ファンタジーの一角にいるのかが疑問だったり。等身大の少年少女がファンタジー世界に英雄として放り出されたらどんな感じなのか?がテーマなら、話自体は「まぁ、確かに」とは思いますが。

ビジュアル的には1作目同様に亜人種の種類が豊富。好きな人は観る価値ありかもしれません。とりあえず、ネズミの騎士最強って事で。

どうしてもジャンル的にロード・オブ・ザ・リングと比べるなってほうが無理で、比べてしまうと満足は出来ないんだよな~。
  1. 2008/12/12(金) 00:13:59|
  2. アニメとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今月の月例Windowsアップデートについて

12月分の月例パッチが公開されました。

WindowsXP SP3環境でのパッチ内容を記載します。

※「Windowsアップデート」はスタートメニューのWindows Updateから行えます。


◎SP3(2008/11/13時点での最新から)環境のアップデート

更新プログラムの合計:6項目 , 24 MB

・Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2008 年 12 月 (KB890830)
ダウンロード サイズ: 8.1 MB
ダウンロードが終わると、このツールが一度実行され、Blaster、Sasser、Mydoom など感染力が強く悪意のある特定のソフトウェアにコンピュータが感染していないかどうかを検査し、感染が見つかった場合には削除することができます。感染が見つかった場合、コンピュータを次回起動したときにステータス レポートが表示されます。新しいバージョンのツールは毎月提供されます。コンピュータでツールを手動で実行する場合は、マイクロソフト ダウンロード センターからダウンロードするか、microsoft.com でオンライン バージョンを実行してください。このツールは、ウイルス対策ソフトウェア製品の代わりになるものではありません。コンピュータを保護するには、ウイルス対策ソフトウェア製品を使用する必要があります。

・Windows XP Service Pack 3 用セキュリティ更新プログラム (KB952069)
ダウンロード サイズ: 6.2 MB
リモートで認証された悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります。

・Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB954600)
ダウンロード サイズ: 594 KB
リモートで認証された悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります。

・Windows XP 用の更新プログラム (KB955839)
一般的なダウンロード サイズ: 256 KB
この更新プログラムをインストールすると、改訂された夏時間に関する法律によって多くの国で生じる問題が修正されます。この更新プログラムによって、お使いのコンピュータの時計を 2008 年の正しい日付に自動的に調整できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。

・Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB956802)
一般的なダウンロード サイズ: 311 KB
認証されていないリモートの悪意のあるユーザーがシステムのセキュリティを侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、システムの再起動が必要になる場合があります。

・Windows XP 用 Internet Explorer 7 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB958215)
ダウンロード サイズ: 8.6 MB
Microsoft Internet Explorer を実行しているシステムのセキュリティを悪意のあるユーザーが侵害し、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。


アップデート後に再起動要求が有りますのでご注意ください。


[08/12/20追記]

ゼロデイアタックが来てるそうです。

・Windows XP 用 Internet Explorer 7 のセキュリティ更新プログラム (KB960714)
ダウンロード サイズ: 2.4 MB
Microsoft Internet Explorer を実行しているシステムのセキュリティを悪意のあるユーザーが侵害し、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのシステムを保護できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。

アップデート後に再起動要求が有りますのでご注意ください。
  1. 2008/12/11(木) 23:59:59|
  2. PC関連(ニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

不定期連載「今日の買い物(第171回)」

不定期連載「今日の買い物」コーナー。

今日もゲーム。(実際にこのエントリーを書いたのは7日の事だが。風邪&休日出勤で少々ゴロツキー、もといグロッキー)

・風のクロノア door to phantomile ¥4,320
・ブレイザードライブ ¥4,700
・428 ~封鎖された渋谷で~ ¥6,270
締めて¥15,290也。

風のクロノアは予定通り。1-1だけやったけど記憶が蘇ってきました。てか、なんかPS版そのままな気がします・・・が?プレイしたのだいぶ昔だし気のせいかも知れません。まぁ、当初から「移植」と言っていたので、たとえ同じでも文句を言う筋合いではないのですが。

ブレイザードライブは買うか買うまいか迷っていたんですが、どうせクロノア買うしとりあえず行ってみて早期購入特典(小冊子)余っていたら買うかな~・・・余ってたぁ。な、感じ。ワールドデストラクションはスルーしたのでこっちを買ってあげようか、てな気持ちも少しあったり。
ゲームはミスティッカーと呼ばれるタトゥーシールみたいなものを貼って、特殊能力を操り戦うバトル少年マンガ系RPG。もちろんミスティッカーは様々な種類が用意され、コレクション要素ありと長く楽しめる工夫もされているようです。パッケージの絵がズッコケますが(キャラ原案&漫画版作画担当=NARUTOの作者の兄だか弟だかの人の絵?)ゲーム中はヲタク好み(と言っても色々あるが)のアニメ絵なので安心。

428はまったく無関心だったんですが、「あの」ファミ通のクロスレビューで40点満点を獲得したことにより、ネタ的興味が湧いて買ってきてしまいました。(あと、これも特典DVDが付いていたら購入しようと思って、まだ残ってたってのもある)
もちろん良心ある大人(?)な私はクロスレビューなんて信じてませんが(なんせFF12やスマブラXも満点だからなぁ。でも、点数が低いゲームのレビューは結構信頼できる気がする)私の記憶によれば、AVGでもセガ販売のゲームでも初の満点だったような・・・。
金を積むと高評価なんて噂のあるクロスレビューですが、今のセガにそんな体力があるのか?とか、なんでよりによってこのゲームにそんな注力をする必要があるのか?とか考えると、実際それなりに面白いのかなぁとも思ったり。大体Wiiというハードとゲーム内容を考えれば、ファミ通を買収するよりCMを大量投下したり、45分くらいのスペシャルドラマを作って放映したりする方が効果的な気もするし。いや、桁違いな金が掛かるのは理解できるけどさ。
「街」は高評価なのを知りつつスルーしていた実写ゲー嫌いの私としては、アニメ絵バージョンも欲しいなぁとか思わないでもないです。シャイニングとかワーデスをアニメ化するなら、これをアニメ化した方が良いんでないの?って気もします。あ、型月(TYPE-MOONの事ね)のボーナスシナリオがアニメ化されるのは知ってます。でも、そんなの観て買う人はマジヲタ層だけだと思うんで、微々たるものでしょうし、そもそもそれで買うような人は型月目当てで最初から買ってますよね。というか、個人的にあそこのシナリオの人の「うへへへへ、俺って天才~」って感じが幻視できてしまえるような文章が嫌いです。わらい。

それはそうと、もし本当に(たぶん本当でしょうが)お金で満点が買えるなら、KONAMIさんにはMGS4で満点を取るのではなく、オトメディウスGで満点を取っていただきたかった。・・・いや、そうなれば楽しそうだったのに以上の意味はありません。

さて、これで主に時間的な意味合いでフォールアウト3やミラーズエッジ、プリンスオブペルシャをスルーする事に決定。今年はあとはFableIIだけかな。428は年末年始でやりたい意向。Wiiリモコンは酒飲みながらのプレイに最適化された優良デバイスです。嘘。

#修理に出して一月近く音沙汰の無かったイヤフォン(11/12のエントリー)ですが、無事戻ってきました。しかも無償修理。全面的に私が悪くて、しかも保証期間切れだったんですが、随分手厚いサポートですね、audio-technicaさん。それともいつもの量販店のネジ込みが激しいのかしら?


●風のクロノア door to phantomile
http://kloweb.namco-ch.net/

●ブレイザードライブ
http://blazerdrive.jp/game/index.html

●428 ~封鎖された渋谷で~
http://chun.sega.jp/428/
  1. 2008/12/04(木) 23:59:59|
  2. 今日の買い物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

如月

11 | 2008/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。