暗幕と、緑文字。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

今日観たDVD(60bg)

週末に観たDVDの感想。

●ダーウィンの悪夢
http://www.darwin-movie.jp/
http://www.geneon-ent.co.jp/movie/topics/darwin_c.html
まず思ったこと。「わかってたことだけど、生まれはカナリどうしようもない」あと、「とりあえず、教育は偉大だ!」
目の前の現実に気付きながらそれから必死に目を背ける大人たちと、もっとリアルな今日の死活に必死な子供たち。
平和な社会に惚けていると「明日も知れない命」という響きにどこか浪漫を感じてしまいますが、(たかが)距離的に離れただけの土地では日常的に死が付きまとっており、命なんて統計表に記載されている数でしかないわけで。
戦争で人が死んでいくのとは違う、どんなに希望的に見ても憧れの欠片も見出せない死があふれる閉塞感に支配された湖の畔の街で、子供たちは逃げることも出来ず自家製ドラッグでわずかな時間の安らぎを得る。
たしかに、こりゃ悪夢だね。(実際には私が知らないだけで、世界中にありふれた悪夢の一つなんだろうけど)
しかも悪夢は、この世界の粗方の事象がそうであるように、綺麗な円を描いてる。とても崩しがたい円を描いてる。
・・・で、私は謎な白身魚のフライが大好きなわけだが、私も円の一部・・・なのか?
ということで、政情不安な土地に自己満足のボランティア精神で突撃して自国に不利益を被らせたり、おセンチなヒューマニズムをかざすのが趣味な層にお勧めなドキュメンタリーでしたよ。
まぁ、私もこういうの観ても何も感じない・何も考えない、ってわけでもないんですがね。


●12モンキーズ
http://www.shochiku.co.jp/video/foreign/0-9/dvd/dz0130.html
ギリアム監督の映画。(1995年)
近未来の設定でもどこかレトロチック(チープと言い換えても良いけど)なのは、この監督の味なのかしら?(未来世紀ブラジルもそんな印象だったけど)
ストーリーは時間移動ものでバッドエンド。ブラジルと同じく、どっからが夢でどっからが現実?ってな感じの虚実が入り乱れる構成で、最後はどんでん返しっていう、ある種とてもエンタテイナーな作品。(いや、ブラジルあんまり憶えてないけど。っていうか、それ以前にあまり理解できてなかった気がする)
コレはコレで綺麗な円を描いた、出来の良い話だと思います。ただ、勘が良いとオチがすぐに読めちゃうだろうけどね。
ブラッド・ピットのキレた演技が見物で、ファンの方にも良いかも。どことなくレオンのイカレた刑事(敵役)を思い出しました。
それはそうと、冒頭で主人公が生物の標本を採集しているのをみて、久々にリンダキューブがやりたくなったり・・・。既に映画の話でも何でもないですが。


●ゴーストライダー デラクックス・コレクターズ・エディション【エクステンデッド版】
http://www.sonypictures.jp/homevideo/catalog/catalogDetail_JPDVDTSDD-33519.html
あ~、いかにもアメコミらしい単純な話。やっぱり絵面は格好いい気がする。バイクも。
ニコラス・ケイジのモト冬樹っぽさにも笑った。
問題はツマラナイ事だな。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/17(月) 23:58:38|
  2. アニメとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

如月

08 | 2007/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。