暗幕と、緑文字。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ひぐらしのなく頃に祭の感想-前編(65bg)

●ひぐらしのなく頃に 祭(アルケミスト)
http://www.alchemist-net.co.jp/products/higurashi_matsuri/index_main.html

概ねコンプした(一部バッドエンドを見ていないけど)ので感想を。
致命的にネタバレしてるんで、これからプレイする人は読まない方が吉かな?かな?(でも、プレイし終わった人が読んでもあまり意味ない内容だけど)

え~、まずプレイ時間は178時間34分でした。
・・・などと書くとヒク人が多そうですが種明かしをすれば、酔っぱらいながらやってることが多かったのでプレイしながら寝ちゃった時間がかなり含まれています。実際のプレイ時間は半分も無いくらいだと思うので80時間くらいかな?
ただ、私の場合はPC版も全部プレイしていますので、明らかに展開等が分かり切っている部分はかなり斜め読みでした。

PC版からの追加シナリオは「盥回し編」「憑落し編」とPC版における「祭囃し編」の代わりという位置づけの「澪尽し編」の三本です。
「盥回し編」は「鬼隠し編」でもし圭一が暴走しなかったらといったif系のシナリオ(いや、それ言ったら全部のシナリオがifの関係なんだけど)です。ただし、圭一は仲間を信じることで暴走しなかったというよりは、ただ単に「鬼隠し編」よりもチキンなせいで暴走する勇気もなかっただけっぽい描写だった気がします。(・・・既に記憶が薄い)
なお、魅音が地下祭具殿に閉じこめられていたり、微妙に「綿流し編」も入っている感じです。ただ、結構ネタバレしているので、前半パートでそれぞれのシナリオ(後半パート)に入っていけない選択肢を選んだ際に始まる、所謂デフォルトのシナリオとしては微妙かと思いますが。
「憑落し編」は「祟殺し編」の鉄平殺しを圭一、レナ、詩音の三人が結託して行ったら?という話。順番的には「目明し編」と「罪滅し編」の間にプレイすることになります。どうでも良いといえばどうでも良い話ですが、クリア後のTIPSでガス災害の謎の一端が明かされます。
「澪尽し編」は最初に言ったとおり「祭囃し編」の代わりという位置づけで、PS2版における新解釈のエンディングと言えば聞こえは良いですが、後述の自主規制(?)絡みで明らかにストーリーとして成り立たなくなってしまう「祭囃し編」を、どうにかこうにか読めるシナリオに仕立て上げましたといった印象。
「澪尽し編」だけは後で再度触れたいと思いますが、正直3シナリオとも出来は良くないです。PS2版から入った人も、色々突っ込みどころがある(てか満載)にせよPC版の「祭囃し編」だけはやっておいた方が良いでしょう。

さて、ザッと新規シナリオを俯瞰しましたが、既存シナリオも含め(おそらく)自主規制によって変わってしまっている部分が多々ありました。(これのせいで発売延期になったのかな?)
一番顕著なのが児童虐待系の話で、鉄平の沙都子への暴力の描写がカットあるいは穏やかになっていたり、圭一が襲っていたのが自分より年下の小学低学年であると言う部分が無くなっていたり(「澪尽し編」で、圭一が自分が目を傷つけた人物に謝りに行くエピソードが出てきますが、明らかに年上の描写)、鷹野の過去の大部分がカットされていたりとかなり手を加えられています。

特に鷹野の過去についてはシナリオ上致命的で、この部分の絡みで「祭囃し編」が使えなかったのか?と勘ぐりたくなりますが、ハッキリ言って「澪尽し編」ではそこの部分のフォローはまるっきり出来ていません。鷹野の'収容'されていた「施設」のエピソードだけでなく、一二三との交流の部分も触り程度にしか出てこないので、なぜ鷹野が「おじいちゃん」の研究を世間に認めさせることに偏執的に拘るのか、ひいてはなぜ鷹野が黒幕となって「オヤシロさまの祟り」「雛見沢ガス災害」を引き起こすに至るのかといった経緯が不明ではシナリオの説得力がまるでありません。
その他にも、入江の精神外科に関するエピソードが丸々削られていて(コレは元々明らかにヤバかったけど)キャラの深みが無くなっていたりと、結構「ココは頑張って欲しかった」ってところが大逃げされてるので、PC版のプレイヤーはげんなりすること請け合いです。沙都子の起こした2年目の祟りの経緯が救いのあるものになっているのは・・・どうかな。微妙?

あとコレは枝葉の部分ですが、小学生が酒を飲むってのはやはりマズかったらしく、梨花の飲むワインがジュースのチャンポンによる偽ワインであるという設定に変わっていて、それがしつこいくらい強調されているいるのがウケました。

その他「澪尽し編」はストーリー的にもかなりガタガタで、圭一&梨花が「ザ・ワールド」を発動したり、鷹野&山狗が暴走して雛見沢を武力制圧しようとしたりとタダでさえ薄い現実味が益々薄くなっています。(その代わり魅音のオールマイティぶりは陰を潜めますが)
事件の真相解明に部活メンバーが関わらなかったり、監督と鷹野の化かし合いがなかったり、葛西さんがあんまり活躍しなかったりとPC版の方が全体的に熱い展開です。
あと、羽入の扱いが色々な意味で根本的に別次元に突入して、全く違うキャラクターになってたりします。(だからといって別に祭具殿の中の置物とか、無機物になっているわけではないですが)
終始こんな調子なのでカタルシスも今ひとつ得られません。PC版は「惨劇なんてない。あったのは、悲劇と喜劇。」といったキャッチフレーズのもと、説明のつかないところは多々残しつつもなんとかかんとか大風呂敷をたたんでみせましたが、祭は物の見事にたたみ方に失敗、といった感じでしたね。

それはそうと、裏山攻防戦開始時点で圭一は既に一発撃たれてるんだから、みんな少しは気にしてやれ。(わらい)

無駄に長いですが、後編に続きます。

[07/5/1追記]
続き(5/1のエントリー)
スポンサーサイト
  1. 2007/04/30(月) 23:28:02|
  2. ゲームとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MacOSがアップデート

いつの間にやらアップデートされてました。

●Mac OS X用セキュリティアップデート「2007-004」公開(Impress)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/04/20/15494.html

Security Update 2007-004(PowerPC) 1.0 10.0MB

詳細は(4/23 23:30現在、和訳されていない)
●About Security Update 2007-004
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=305391-ja

インストール後は再起動要求が有りますのでご注意ください。

#やっぱりアップルのCMは誇大広告だよな~。
  1. 2007/04/23(月) 23:38:07|
  2. PC関連(ニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界樹の迷宮の感想(75bg)

結局ずっとひぐらしをプレイしていた(時期的になんだかんだと忙しかったのもある)ので、とりあえずエンディングをみたところまでの感想。(エンディング後も更なる下層あり)

まず率直な感想を言ってしまうと「不思議なゲームだなぁ」
このゲームは確かに好きなんですが、私が今まで気に入ったゲームというのは、その殆どが「ここが好きだ」と言える明確な特徴があり(必ずしもその特徴が、制作者側の意図したそのゲームの「ウリ」とは限りませんが)言葉にすることが容易なのですが、このゲームには今ひとつそれが見あたりません。(そう言った観点から見ると、私がゲームを好きになるのは「ゲームシステム」に惚れる場合が殆ど)
映画や小説、アニメの類なら何となく好きってのも多いので、ゲームでも世界観やストーリー部分なら同じように何となく~ってのもアリなんですが、そう言うことでもないし、やっぱり私の好きなゲームの中では珍しいタイプです。

発表当初、Wiz的という発言があったのでそっち方面の期待が大きかったのですが、フタを開けてみればゲームシステム的には全くの別物でした。というか、意識してそうしたのか?ってくらい方向性が違います。
最たるものはキャラクターの成長システム(キャラメイク含む)にランダム性が無い事で、あの馬小屋に泊まってレベルアップさせ、キャラのパラメータの上下に一喜一憂する楽しさはありません。戦闘終了後の宝箱も無いので、あの開けよか諦めよかのドキドキ感も残念ながら無し。結構重要っぽいこういった点があえてスポイルされているのは、よっぽど自分たちが提示するシステムに自信があったって事なんでしょうかね?
まぁ、私のようなまんまWiz+マッピングを期待したのは実は少数派だったのか、売れ行きを見れば単発RPGとしては珍しくスマッシュヒットといった感じがします。実際には続編用のパスワードまで用意されているあたり、初めから連作の予定なんでしょうが。(このパスワードの関係でランダム要素が排除されたのかな?現状でもひらがなとアルファベットで72文字あるパスワードが更に長くなったりしたら、流石に辛いもんな。でも引継データを1~2時間程度保存しておけるサーバを、続編発売と同時に公開すれば良いだけな気もするけど。最初の何日間かはタイムアウト連発状態かもしれないけど、今時はフレキシブルに構成が変更できるブレードサーバなんかのサービスもあるわけだし、必要なときだけハイスペック構成にして普段は普通のWebサーバとして使用しておくとか。アトラスの体力的にどうなのかはわからないけど。それか、任天堂あたりがいろいろなゲームで共用できるバックアップ用RAMを出してくれれば良いんだな。FC時代のターボファイルみたいな奴。折角GBA用のスロットもあることだし。あるいはPC側に保存する手だてを用意してくれても良いけど)

閑話休題。

さてゲームシステムですが、前述の通り成長システムにランダム要素がありません。だからといってキャラクターに個性を持たせられないと言うわけでもなく、レベルアップ時に手に入れられるスキルポイントを消費してジョブ固有のスキルの中から好きなものを取得していきます。レベルは70で頭打ちなので、戦闘を繰り返せば全てのスキルが手に入るというわけでもなく、同じジョブの中でも系統わけで個性が出るようになっています。(と考えれば、キャラ登録数15はちょっと少ないかな?)
当初は引退というシステムでボーナスを取得して永遠とキャラクタを強化できる構想だったようですが、容量の都合(?)で引退が繰り返せなくなったのは(正確には何回でも引退は出来るけど、ボーナスの持ち越しは1回分のみ)没個性なキャラに陥ることが無くお互いの長所と短所を生かしながら冒険を続ける必要が出て、かえって良かったかもしれません。そう言えばこのゲーム、転職も上級職もありませんしね。(まぁ、Wiz5でLv.900超の忍者を育てた頃のような馬鹿さ若さは無いのでそうそう気にすることでも無いんですが)
そんなわけでスキルが非常に重要なこのゲーム、「休養」コマンドでレベルを10下げる代わりにスキルポイントを一から振り直せるという作りはグッドかと。

戦闘終了後に宝箱が無いと書きましたが、もちろん敵が何もドロップしないわけではなく、モンスターを倒せば固有のアイテム(お金は落としません)の中からランダムでドロップします。このアイテムは道具屋で売ることで冒険の資金となるだけでなく、売ることによって新しい装備品や薬が入荷したり、酒場で請けられるクエストの成果物として引き渡しを要求されたりします。(所持可能アイテム数「ゲーム全体で60+各キャラの装備品4*キャラ数分」は明確に少なすぎ)
なのでそう言った意味合いでのドキドキ感はそれなりにあるのですが、手に入れた段階ではそれがどんな物なのか(それを売ることによって何が入荷するのか)わからないため、今ひとつ盛り上がりに欠けると思います。
どうしても即物的に「?刀」(だっけ?)とか出てくれる方がクルものあったり。やっぱり宝箱->罠解除->アイテム鑑定ってのは欲しい流れでした。(Wizとは別ゲームなんだと納得しつつもね)

ちと難ありなのがゲームバランスで、序盤が一番辛いです。(と言ってもまだやり残してるのでこれからもっと辛いかもですが)
最初は金もなく装備もろくな物がないワリには、結構敵の攻撃が痛くて「オーバーキルだな~」と思ううことがしばしば。ゲーム慣れしていない人は嫌になっちゃうかもね。(ゲーム慣れしていない人が買うようなゲームかはともかく)
その序盤さえ乗り切ってしまえば後は何とかなるんですけどね。
感覚的に、その時探索中のフロアで一番強い敵(F.O.E.を除く)の攻撃力は、一撃で前衛は1/4、後衛なら1/2削られる程度。意外とちゃんとバランス調整はされている感じです。
因みにクリアまでに全滅した回数は4回。(今時、ザコ戦で全滅できるなんてアトラスのゲームくらいだよ。わらい)
クリア時のキャラのレベルは65。パーティ構成はソードマン、パラディン、ダークハンター、メディック、アルケミスト。
時間は不明ですが40~50時間くらいかかったと思います。残りの探索分だけでも想定30時間くらいかな?しゃぶり尽くそうと思えばかなりの時間遊べるゲームと言えるでしょう。

ストーリーはウルサくない程度で冒険の邪魔になるような設定の山はありません。ただまぁ終盤の展開はチープで「相も変わらずこの手の展開が好きだな~、アトラスは」って印象ですが。私のRPGのアトラス率が高いせいもあると思いますけど。
謎解き要素はありませんので、クリアするだけならマップを端から端まで歩けば誰でもクリアできます。(隠し通路は発見しなければいけませんが)
音楽はあえてレトロ風に作ったようですが、なるほど戦闘の音楽とかなんだか懐かしい感じがします。好きな人にはたまらなそうと言うことで。(余談ですが、NDSのスピーカーは音が良くないので、ヘッドフォンを使うと結構印象が変わります)

操作性は全般的にイマイチな印象。せめてステータス画面はLRボタンでキャラの切替ぐらいさせて欲しい。戦闘時の行動(カーソル位置)も「記憶しない・記憶する・戦闘を終了しても記憶する」の3段階で欲しいところ。
ペンを置いた位置で、壁か床かを自動的に判定して機能を切り分けて欲しいってのもあります。
マッピングに絡んでだと全滅時に、書き上げたマップの床のみを消すって言う選択肢も欲しいですね。全滅したあとにマップを保存することは可能ですがシステム的には歩いたことにはなっていないので、再び歩き直す必要があることを考えれば壁だけ残しておきたい。
あとは、セーブの融通がきかないため携帯ゲームとしてはちょっとな~ってのもあります。中断セーブさせて~。
なんか他にもここはこうして欲しいってのが結構あったハズなんですが、しばらくプレイしていないので忘れてしまいました。(やっぱり感想はすぐ書かないとだね)


・・・などとやくたいもない駄文を重ねてみましたが・・・ダメだ。結論としてはやっぱり「マッピング」なのかなぁ~?
散々目を背けてきたタッチペンでのマッピングという要素がこのゲームを私に続けさせたモチベーションとなり、このゲームを好きになった重要要素であるのは否めなさそう。
これ自体は昔からある行為を、ただ単にDSというハードの特性を生かすかたちで取り込んだだけのことで、なんら新しいゲーム性の創造ということもなく、ことさらに褒めたりはしたくないんだけどな~。(別にゲームは全て新しい要素がないといけないなんてことは思ってませんが)
結局、未開の迷宮を一歩一歩踏破していくというワクワク感を如実に味わわせてくれたマッピングシステムの勝利ということかな。なんだ、しっかりWizの魂を受け継いだ作品じゃないか。(良いのか、こんな結論で)


とまぁ、感想としてはこんなところですかね。
古き良き3DダンジョンRPG好き(出来れば暇人)には「俺もオッサンになったな~」とか思いながら、私と一緒に楽しんで欲しいね。
そっちの属性の無い人に薦めるのはちとためらわれますが、私としてはいつまでも手元に置いておきたい名作です。にじゅうまる。

●世界樹の迷宮(アトラス)
http://sekaiju.atlus.co.jp/
  1. 2007/04/22(日) 18:34:12|
  2. ゲームとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

不定期連載「今日の買い物(第108回)」(80bg)

不定期連載「今日の買い物」コーナー。

今日も予定通りゲーム。(速読~はゲームじゃありませんが)

・ペルソナ3フェス【アペンド版】 ¥4,530
・スーパーペーパーマリオ ¥4,980
・右脳鍛錬ウノタンDS 七田式 大人の速読トレーニング ¥3,590
締めて13,100也。

ここのとこゲーム!ゲーム!ゲーム!な生活で正直食傷気味ではありますが、しつこく買います
それぞれの期待の程は3/2のエントリーを参照のこと。
今日買ったのもいつもの量販店だったんですが、何故か今更逆転裁判4の限定版がポツンと売ってました。発売日の夕方行ったときは売り切れだったんですが・・・かなり謎。もう既に通常版を買っていますし、通常版購入時点で限定版の購入意欲もなかったので特に食指も動かなかったんですが、帰ってきてからオクを見てみてもたいして高値になってるわけでもないんですね。やっぱりみんなそれ程欲しいと思う内容でもなかったと言うことでしょうか?それとも結構数が出てたのかな。
あと、クラブニンテンドーのプラチナ会員であるNDS用ソフト「チンクルのバルーンファイトDS」が送られてきました。また遊ぶゲームが増えたかorz

それはそうと、つい先ほどようやく「ひぐらしのなく頃に祭」が終了。やっと人心地と言ったところかな。(なんの強迫観念に取り憑かれてゲームをしてるんだ。わらい)
後はゆっくりつまみ食いしていきますか。まぁ、ざっと考えても10本くらいやるゲームがあるんですが。(シャイニングフォースイクサと世界樹の迷宮の食い残し分を含む)
とりあえず、ゲーマー生活で滞っていた色々なこともやりたい所存。(ゲームの感想もね。<-最近コレばっか言ってる気が)

●ペルソナ3フェス(アトラス)
http://p3.atlus.co.jp/aegis/index.html

●スーパーペーパーマリオ(任天堂)
http://www.nintendo.co.jp/wii/r8pj/

●右脳鍛錬ウノタンDS 七田式 大人の速読トレーニング(インターチャネル・ホロン)
http://www.icholon.co.jp/ds/sokudoku/
  1. 2007/04/19(木) 22:07:30|
  2. 今日の買い物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

不定期連載「今日の買い物(第107回)」(75bg)

不定期連載「今日の買い物」コーナー。

今日は予定通りゲーム。

逆転裁判4(通常版)
¥4,530也。

当初は朝から並んで限定版を買おうかと思っていましたが、冷静に考えると倍の金額を払ってまで欲しい内容でもなかったので、スルーして通常版を購入。特典で「オドロキ ヘッドホン」なる蝶~安っぽいヘッドフォン付き。(イラナイ)
大好きなシリーズの続編ではありますが、キャラが入れ替わってるのでちょっと怖かったり。
並列してAVG二本をプレイする気もないので、先ずはひぐらし祭をクリアしてしまいたいね。残すところ「皆殺し」と「澪尽し」編のみだし。ひぐらし祭は色々言いたいこともあるけど、全部終わってからにします。(って、世界樹の感想も書いちゃいねぇし)
木曜のくせにレジが空いていたので、念のため来週発売のペルソナ3アペンド版とスーパーペーパーマリオを予約してきました。流石に速読~は予約しなくても大丈夫だろ。とか言って入荷しなかったりして。わらい。

●逆転裁判4
http://www.capcom.co.jp/saiban4/
  1. 2007/04/12(木) 21:54:20|
  2. 今日の買い物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今月の月例Windowsアップデートについて

4月分の月例パッチが公開されました。

WindowsXP SP2環境でのパッチ内容を記載します。

※「Windowsアップデート」はスタートメニューのWindows Updateから行えます。


◎SP2(2007/4/4時点での最新から)環境のアップデート

更新プログラムの合計:4項目 , 1.1 MB

・Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB930178)
一般的なダウンロード サイズ: 192 KB
Windows ベースのシステムを攻撃者が侵害して、そのシステムを制御できるセキュリティ問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのコンピュータを保護できます。 インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。

・Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB931261)
一般的なダウンロード サイズ: 110 KB
Windows ベースのシステムのセキュリティを悪意のあるユーザーが侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題がユニバーサル プラグ アンド プレイに発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのコンピュータを保護できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。

・Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB931784)
一般的なダウンロード サイズ: 731 KB
Windows ベースのシステムのセキュリティを悪意のあるユーザーが侵害して、そのシステムを制御できるというセキュリティの問題が Windows カーネルに発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのコンピュータを保護できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。

・Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB932168)
一般的なダウンロード サイズ: 118 KB
Windows ベースのシステムを攻撃者が侵害して、そのシステムを制御できるセキュリティ問題が Microsoft エージェントに発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのコンピュータを保護できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。

アップデート後に再起動要求が有りますのでご注意ください。

それでは皆様、安全なWindowsライフをお送りください。


#悪意のあるソフトウェア削除ツールは???

[07/4/22追記]
いつの間にか追加されてました。

・Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2007 年 4 月 (KB890830)
ダウンロード サイズ: 7.1 MB
このツールをダウンロードして実行すると、Blaster、Sasser、Mydoom など感染力が強く悪意のある特定のソフトウェアにコンピュータが感染していないかどうかが一度検査され、該当するソフトウェアの感染が見つかった場合には削除することができます。感染が見つかった場合は、次回のコンピュータの起動時に、このツールによりステータス レポートが表示されます。新しいバージョンのツールは毎月提供されます。お使いのコンピュータでこのツールを手動で実行する場合は、ダウンロード センターからツールをダウンロードするか、microsoft.com からオンライン版を実行してください。このツールはウイルス対策ソフトウェア製品の代用になる製品ではありません。コンピュータを保護するには、ウイルス対策ソフトウェア製品を使用するようにしてください。
  1. 2007/04/11(水) 22:01:29|
  2. PC関連(ニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日観たDVD(65bg)

今日は3本観ましたので感想を。

●ダンジョン&ドラゴン1&2 ツインパック
http://www.geneon-ent.co.jp/movie/topics/dd2_c.html

まずは一作目。予め「ツマラン」と聞いていたので「まぁ、こんなものかな~」という印象。
まず、こそ泥(D&D的にはローグだっけ?)が主人公という時点で少しアレですが、意外と戦闘能力は高かったり。ローグらしさをみせる意図があるのか、インチキ罠が一杯のダンジョンもどきも出てくるので、そういうのが好きな人はどうぞ。(因みに私は大好き。インディージョーンズとか、グーニーズとか)
映画のつくりとしてはStar Wars的場面転換を多用していて、主人公たちの冒険模様の合間に、女王と悪い宰相の政治闘争がカットインされます。ストーリーもどこかSW的。
戦闘の演出はハイランダー的かな?剣は結構重そうな音を立ててくれるので悪くないです。
ヴィジュアル的には雰囲気が出ているものの、役者のルックスがどれもイマイチ(汚れ顔ばっかだし)なので全体としてはパッとしません。
一番肝心と思われる世界観に関しては、終始D&Dである意味がわからないという残念な評価です。(とか言いつつ、そもそもD&D(てか、AD&Dか)の世界観知らないけど)
ビホルダーみたいのがいたりしましたが、最強のモンスターであり富と恐怖の象徴のドラゴンが乗り物&使い魔扱いだった時点で興ざめかと。(ビホルダーもどきも、思いっきり番犬化してたけど。もしほんとにビホルダーならかなり高位のモンスターだよね?)
ラスボスの倒され方も間抜けだし、オチもいまひとつ意味がわからなかったりで、確かに駄作の域を出ませんね。

続いて二作目。
キャストの一人がそのままなので混乱をきたしますが、ストーリーは続いているわけでも無さそう?登場キャラクターがパーティ(戦士、バーバリアン、魔法使い、僧侶、盗賊)を組んで任務を遂行する話なので、一作目よりはD&D的。というか、テーブルトーク的。
やっぱり取り立てて何か語りたくなるほど面白い作品ではないんですが、一作目よりもお金がかけられたのか、ヴィジュアル全般が向上しています。とりあえず、俳優さんの見た目が大分良くなったので、見苦しいところは無かったり。
レイス?を使役するリッチ?みたいのが出てきたりドラゴンが破壊的に強かったり、世界観も少しはマシになった感じです。(魔法使いが魔法連発しすぎな気もするけど)
実はこれもストーリーが良くわからなかったです。ジェットコースター展開でオチが超あっさりなので「ん?」と思っているうちに終了みたいな。とりあえずあのエンディングだと、続編がありそうな雰囲気?
まぁ、やっぱり駄作かな。

#結局のところファンタジー映画はどうしても基準が「ロード・オブ・ザ・リング」になってしまうので、全部辛めの評価になってしまうんだけど。


●フリッツ・ラング コレクション/クリティカル・エディション メトロポリス
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=A-00474353

著名なSF映画「メトロポリス」1927年公開の無声映画です。
都市下層で酷使される労働者と上層でそれを管理する支配者という二極化された巨大都市で、管理者の息子が労働者の心の支えになっている女性に恋をし、二つの層の架け橋になる。なんていう話です。
80年前の映画としてみると、映像はかなりのレベルです。
話の流れは、労働者たちの悲哀や、ちょっとしたきっかけであっさり扇動に乗ってしまう鬱屈した大衆心理など風刺映画風で、時代背景を反映させた作品といったところなのでしょう。
ただ私程度の造詣では、やはり「ちょっと凄めの古い映画」程度の印象しか持てず、勉強不足かな~、とか。
とりあえず観てみた感じ、私の観た映画の中では「リベリオン」や「未来世紀ブラジル」あたりはこの映画の影響を受けてるっぽいですね。あとアニメだと同名の「メトロポリス」や「ビッグオー」とか。
ま、退屈って事はないので、古典SFに興味がある方は観てみるのもよろしいかと。
  1. 2007/04/07(土) 21:20:27|
  2. アニメとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Windowsアップデート

●Microsoft、さらに5本の月例パッチを公開予定(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/06/news017.html

Windowsのパッチは5件(悪意あるソフトの削除ツール含む)のようです。
4/10(日本では4/11)公開の予定です。

#やっぱり逆転裁判4は通常版でいいやと思い直した俺ガイル。
  1. 2007/04/06(金) 19:51:36|
  2. PC関連(ニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Windowsの緊急アップデートについて

●MS緊急パッチ公開、アニメカーソル脆弱性に対処(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/04/news009.html

ゼロデイ攻撃が報告されているアニメーションカーソルの穴が塞がれました。(多分)
月例パッチをさぼったと思ったらこれですから、さすがMSクオリティ。

WindowsXP SP2環境でのパッチ内容を記載します。

※「Windowsアップデート」はスタートメニューのWindows Updateから行えます。


◎SP2(2007/3/31時点での最新から)環境のアップデート

更新プログラムの合計:1項目 , 455 KB

・Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB925902)
一般的なダウンロード サイズ: 455 KB
Windows ベースのシステムを攻撃者が侵害して、そのシステムを制御できるセキュリティ問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのコンピュータを保護できます。 インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。


アップデート後に再起動要求が有りますのでご注意ください。

それでは皆様、安全なWindowsライフをお送りください。

#ただいま淡々と祭を読書プレイ中。世界樹の感想は週末にでも書きたい、ような気がする。・・・やっぱり、私だけ(<-コレ重要)一日を48時間にしてください、神様。ただし、加齢速度は24時間のままで。


[07/4/6追記]

●アニメカーソルの脆弱性はFirefoxの方が深刻?(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0704/06/news073.html
らしい。
  1. 2007/04/04(水) 22:00:16|
  2. PC関連(ニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

如月

03 | 2007/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。