FC2ブログ

暗幕と、緑文字。

PX-755A&PlexToolsでRD-X5&XS36で焼いたDVD-Rを検証(100bg)

承前

いよいよRD-X5とXS36のドライブとマクセルメディアの相性の検証に入りたいと思います。
なお、今回の結果はあくまで私の所有するハードとメディアの検証であり、同じものを使用したからと言って同じ結果になるとは限らないことをお断りしておきます。
(例えばドライブもメディアもロットによって品質に違いがあることはよく知られていますし、今回のメディアの計測はあくまでPX-755Aを使用しての"PX-755Aでの読み取り具合"を計測したものです。当然PX-755Aとメディアにも相性があるわけですから、その相性による計測結果の差というものもあるはずです。)

今回の計測は3種類のメディアを使用して行いました。
(a)今月購入した日立マクセル DR47STB(Manufacturer IDはMXL RG02)
(b)昨年9月購入した太陽誘電 DR-47SY(Manufacturer IDはTYG01)
(c)昨年5月購入したPanasonic LM-RF120(Manufacturer IDはTYG01)
どれも焼き時間に明確な差はありませんでした。(4倍速で焼けていると思います)

使用したRD-X5とRD-XS36は2004年12月に同時に購入したもの。修理歴無し。今までのDVD-R焼き枚数はX5が300枚程度。XS36が400枚程度。
今までの明確な焼きミス(焼き途中でエラーで止まったり、焼いたものがPCで読めなかったり)は4~5枚程度かな。(どっちがどっちとかは憶えていません。)
ドライブのファームウェアは共に"MT22"(最新)です。

と言うことで、3種類のメディア×2種類のハード=6枚のメディアを計測します。
ちなみにどれも一ヶ月以内に焼いたものを計測しています。

計測結果のグラフは以下の順番で並べています。
XS36(a)XS36(b)XS36(c)
X5(a)X5(b)X5(c)

なお、ネットで調べてみたところ、DVDの規格として以下の事項があるようです。
・連続した8つのECCブロックにおいて、PIエラーが280を超えてはいけない
・1つのECCブロック内のPIFが4を超えてはいけない

上の条件は(1)Q-Check PI/PO Test(SUM8 Test)で計測出来るPIE Maxの値
下の条件は(2)Q-Check PI/PO Test(SUM1 Test)で計測出来るPIF Maxの値
で、それぞれ知ることが出来ます。

あくまで、規格上の話なので経年劣化等を考えてPIEのMaxは100程度であれば問題なし。
どちらかというとPIFを気にした方が良いようですが、実際のところ8以下程度であればさほど問題は無いようです。

以上をふまえて、計測結果をのせます。


(1)Q-Check PI/PO Test(SUM8 Test)
060416SUM8Test.jpg

 PIE AvgPIE MaxPIE TotalPOF
XS36(a)22.88623989900
XS36(b)3.6422623060
XS36(c)6.40341096060
X5(a)42.60867346960
X5(b)2.7616455540
X5(c)15.16442623680

既に、圧倒的な差があります。
特に(b)のメディアと(a)のメディアの間には相当な開きがありますね。文字通り桁違い。わらい。
でも実用上問題がないと言われるPIE Max 100以下にはどれも収まっています。


(2)Q-Check PI/PO Test(SUM1 Test)
060416SUM1Test.jpg

 PIF AvgPIF MaxPIF TotalPOF
XS36(a)0.02427940
XS36(b)0.0022920
XS36(c)0.0127860
X5(a)0.03444120
X5(b)0.0011900
X5(c)0.0128420

ここでも、かなりの開きが。
特にTotal値の開きは結構気になります。
ただ、ここでもPIF Maxは4以下に収まっています。
ちなみにネット上では、マクセルのメディアはPIFが多発するという意見が散見されました。


(3)Q-Check PI/PO Test(Basic Test)
060416BasicTest.jpg

 PIE TotalPOF
XS36(a)5037820
XS36(b)652680
XS36(c)911820
X5(a)8636720
X5(b)527200
X5(c)2986320

このテストは(1)のテストを細かくバイト単位でやっているだけなんで、(1)と同傾向です。


(4)Q-Check PI/PO Test(Burst Test)
060416BurstTest.jpg

 PIE AvgPIE MaxPIE TotalPOE AvgPOE MaxPOE TotalPOF
XS36(a)22.16593864300.19327263960
XS36(b)3.5521607820.14231189340
XS36(c)5.6327964260.0414260860
X5(a)40.63857008640.31393427760
X5(b)2.5517420980.00000
X5(c)16.22482808520.0624882900

なんなのか良くわからないPOEが計測できるテスト。どうなんだろ?
X5(b)の結果が目を引きます。


(5)Q-Check Beta/Jitter Test
060416BetaJitterTest.jpg

違いはわかるけど、だからなんなのかわからないorz


(6)Q-Check TA Test
・内周
060416TATestI.jpg

・中周
060416TATestC.jpg

・外周
060416TATestO.jpg

 内周中周外周
XS36(a)Very GoodVery GoodGood
XS36(b)GoodGoodGood
XS36(c)GoodGoodVery Good
X5(a)GoodGoodGood
X5(b)GoodGoodGood
X5(c)GoodGoodNo Good

おおむねGoodの様です。Goodとは言っても五段階評価の真ん中ですが。
X5(a)の内周12T13T15Tのあたりに小さな山がいっぱいあるんだけど、良いのかな?

以上。

全体を通してみると、X5(b)の結果が際だって良かったようですが、実は一番どうでも良いアニメを保存したものだったり。えてしてこんなものですか。
結果としては、やはり4倍速メディアはマクセル製より太陽誘電製の方がRD-X5とXS36のドライブとは相性が良い(またはディスクの品質自体が高い)ようです。
ただ、どれも実用上問題ないレベルには到達しているようで、前回の市販のDVD-VIDEOの計測結果と比べてみてもそれ程酷いわけでもなく、当然POFも発生していませんでした。
計測サイトなんかで公開されている情報と照合すると結構不安になってしまったりもしますが、どうしてもこういったものをわざわざ使用して計測しようなどと言うマニア層の要求はシビアになりがちな点も考慮すれば、まぁまぁ落ち着ける結果かとは思います。

さて、マクセルメディア追加購入しますかね?

#Table書くのに手こずった。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/16(日) 23:50:45|
  2. 家電とか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

如月

03 | 2006/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search