FC2ブログ

暗幕と、緑文字。

"Q"でMac miniにWindows98をインストールする話(1)(70bg)


さて、MacOS上でWindowsを動かすエミュレータとしてはMicrosoftのVirtual PCが有名ですが、いくつかフリーのソフトもあり、その一つがQです。
そのQを使いMac mini(OS 10.4)上でWindows98を動作させたいと思います。

まずは
●Q - Q [kju:]
http://www.kberg.ch/q/
から、Downloads -> 下部のLatest STABLE Build(安定版)又は、Latest UNSTABLE Build(最新版)お好きな方をダウンロード。

普通のディスクイメージファイル(.dmg)ですので、ダウンロードすると自動でマウントされます。
マウントされない場合は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、
060308_Q_01.jpg

英語は苦手なので良く読んでませんが、お定まりの文言が書いてあると思います。(もし、「このソフトは貴方のMacを乗っ取ります」とか書いてあっても、私は知りませんよ?)
文句が無ければAgree(同意)をクリック。
060308_Q_02.jpg

このウィンドウが出てきたら、矢印通りに"Q"のアイコンを"Applications"のアイコンにD&Dすれば、自動的にアプリケーションフォルダにQがインストールされます。

そしてアプリケーションフォルダからQを起動すると"Q Control"が立ち上がります。
060308_Q_03.jpg

ボタンは左から"新規環境の作成","既存環境の設定変更","既存環境の起動","既存環境の削除"になります。

まずは"新規環境の作成"を行います。
060308_Q_04.jpg

Generalタブは、基本的にそのままで良さそうです。Nameの部分には自分のわかりやすい名前をつけてください。
060308_Q_05.jpg

Hardwareタブでは、エミュレータを動かす擬似的なPCのハードスペックを決定します。
ここも基本的にはそのままで良さそうですが、Harddiskはデフォルトで1GBになっていますので、必要に応じCreate other Diskimageで容量を決定してください。
060308_Q_06.jpg

なお、コレはQ上で擬似的に構築されるPCのHDDですので、Macで使用しているHDDに新たにパーティションが作成されてしまうわけではありません。(容量分のファイルとしてMac上に確保されるハズ。)
あと、Boot fromはCD-ROMを選択するようにしてください。

設定が終了したらCreate PCで環境を決定します。

すると、いま作った環境がShutdown状態で登録されています。
060308_Q_07.jpg

三角ボタンを押せば環境が起動しますが、その前にWindowsのCD-ROMをMacのドライブに挿入しておきます。
060308_Q_08.jpg

環境が起動します。Boot from CD-ROMを選択。
060308_Q_09.jpg

Start Windows 98 Setup from CD-ROMを選択。
060308_Q_10.jpg

ENTERキーを押下。
060308_Q_11.jpg

未割り当てディスク領域を設定するを選択。
060308_Q_12.jpg

ちょっと画面がバグってますが、大容量ディスクサポートを有効にするを選択。
060308_Q_13.jpg

ENTERキーを押下。
060308_Q_14.jpg

ENTERキーを押下・・・しても進まず。
アレレ~?
以下、次回。

●Mactopia Japan : Virtual PC for Mac
http://www.microsoft.com/japan/mac/products/VirtualPC/default.asp?navindex=s8
スポンサーサイト
  1. 2006/03/08(水) 23:58:17|
  2. ドザはMacとワルツが踊れるか?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

如月

02 | 2006/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search