暗幕と、緑文字。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

かろうじて、平均点は上回っていたようで(55bg)

●70万人が挑んだATOK日本語テスト、最も難しかった問題は……(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/29/news039.html

1/17日のエントリーでネタにした、"ATOK presents 全国一斉!日本語テスト"の結果発表がありました。
全国70万969人の平均点が61.25点。私は63点でしたので、まさに「ふつう」。
平均点の一番低かった「かつを入れる」は、ご多分に漏れず「喝」と答えて不正解でした。
いや、コレは多分、当時AT-Xで「あまえないでよっ!!喝!!」の放送が始まっていてそのタイトルが頭の中に、ごにょごにょごにょ・・・。いえ、何でもありません。私が物を知らないだけです。

結局ATOK(一太郎2006付)を購入して、日々使っています。でも実のところ、私、コンピュータ歴も結構になると言うのに未だにタイプミスが異常な多さのため、そっちを矯正した方がよっぽど効率が上がりそうです。ホームポジションも何もないからな、私のタイピングは。
読書量が減ったことについては、最近上司よりもらっている、ある雑誌を熟読することでカバー。脳細胞の死滅がとまったかどうかはわかりませんが、偏った知識が増大中。

一応、リンクを貼っておきますね・・・お薦め!?
●諸君!(文藝春秋)
http://www.bunshun.co.jp/mag/shokun/index.htm

こっちは、ちっともお薦めではありませんよ。
●あまえないでよっ!!喝!!
http://www.vap.co.jp/amae/
スポンサーサイト
  1. 2006/03/29(水) 22:29:18|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

FINALFANTASY XIIのライセンスボードについての考察(その2)(80bg)

さて、続きです。(以下、激しく独りよがりな長文が続く)

ゲーム序盤から「どのキャラも同じ」状態になりやすいのを回避するために、ライセンスボード(以下LBと表記)上の初期ライセンスの配置を工夫すればいいと思います。
具体的には初期ライセンスをLB中央付近に配置するのをやめて、外周付近に離して配置することで解決を図ります。
それにより、ある程度制作者側のメッセージ(このキャラはこのような戦闘スタイルのキャラ)と言ったモノを出せますし、ことFFの様なゲームにおいてはそうするべきだと感じます。
しかし、それだとあまりにプレイスタイルの自由度が低くなりますし、逆に、特定のキャラに「剣」を使わせたいために無駄なライセンスを取得し続ける必要が生じるなど、本末転倒になってしまいますので、もう少しシステムを複雑化して対応します。


まず現行の、"LBの形は全キャラ共通"という考えを捨てます。
どのキャラも他のキャラとLB上の一部が重なり合って、そこは共通化されたライセンス(習得はそれぞれのキャラが別々に行う)、どのキャラのLBとも重なり合っていない部分が、そのキャラ固有のライセンスとします。(やっぱりキャラ固有はキャラを特徴付ける上で必要だと思います。)
言葉だとわかりづらいので、4キャラを想定した簡単な図を以下に。
060328_LB.jpg

赤青緑白の部分がそれぞれのキャラに固有のライセンスで、黄色の部分が全キャラ共通のライセンスとします。
(あくまで簡略化したイメージです。実際にはもっと複雑な形にした方が良いでしょうし、赤と青のキャラだけが習得できるライセンスや、特定のキャラだけはポツンと中抜けがあるなど色々工夫の余地があると思いますが。)
A、1、あ、アとありますが、Aは赤色、1は青色~の固有ライセンスをもつキャラの初期ライセンスとします。
Aのライセンスの系統(例えば"剣"等)の最上位はZ、1は9という関係として、それぞれの系統の最上位が隣り合っている配置とします。
この配置だと、例えば青のキャラがAのライセンス系統を習得しようとすると、LBの配置で言うと上の方にライセンスを習得していってAの付近に到達するか、あるいは9まで到達するのを待って、Zから習得していく等となります。しかし、それだとあまりに無駄も多く不自然なライセンスの習得になりますので、既にライセンスを習得しているキャラがいれば、そのキャラよりライセンスを教えてもらえるようにすることで、この問題を解決すれば良いのではないかと思います。
例で言えば、青のキャラがAを習得したいとき、既に習得している赤のキャラが青のキャラに教えることによってそれを可能にします。
もちろんLPの消費を伴うものとし、教える側のキャラ(赤)はそのライセンスを習得したときと同じLPを消費(この場合ですと初期ライセンスなのでちょっとアレですが)、教わる側のキャラ(青)はその2倍を消費といったあたりが妥当な線でしょうか。教える側のキャラを二人にすることによって、三人がそれぞれ同じLPを消費することで習得できるようにしても良いと思います。
更にライセンスの関係にも前提条件を付加、Bのライセンスの前提条件をAとし、Aを習得していない状態でBを習得する場合は通常の倍のLPが必要、などとしても良いかもしれません。
また、ライセンスを教えるときに、キャラ同士のちょっとした会話を入れたりするとキャラへの思い入れも深まるでしょう。
教え教わった関係同士が、そのライセンスを使用する戦闘方法で戦闘していると連係攻撃が発動するようにしたりするのも面白いでしょう。

もっと複雑なルールにするなら、共通のライセンスでもキャラ毎に得手不得手を設定して、LPの必要量を変えても良いかもしれません。あるいは、天才肌で誰よりも少ないLPでどんなライセンスも習得できるが、他キャラに教えようとすると4倍くらいLPを必要とするようなキャラとか。その方がより個性というモノが出るでしょう。

もちろんまだまだいろいろな考えが出来るでしょうが、何にしても折角戦闘に参加しなくてもLPがたまる仕様で、LBもゲームシステムの要にあるわけですから、もっと練り込む必要があったのではないかと思い意見を書いてみました。
・・・流石に、だれも読んでないだろうけどね。わらい。


●FINAL FANTASY XII
http://www.ff12.com/
  1. 2006/03/28(火) 23:31:59|
  2. ゲームとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

FINALFANTASY XIIのライセンスボードについての考察(その1)(80bg)

どうにもクリアに至れる気のしないFF12ですが、折角買ったのでせめてblogのネタにでも。(長文)

3/14のエントリーでも書きましたが、FFはスーファミのVI以来久々のプレイです。
(私にとっては)見た目の強烈な進化から最初は結構楽しんでプレイしていたんですが、しばらくするとプレイが気怠く感じるようになりました。「原因は?」と考えてみると、ゲームとしてプレイする上でのキャラクタが"立って"ない、ようは「キャラクタのゲームシステム的な部分での差異が無い」事によるように思います。もちろん、キャラクタに個性が無いわけではありません。どれもステロタイプではありますが、バルフレアはあくまで格好良く、アーシェは如何にもな気位の高さ、という感じでストーリー上のキャラは"立って"います。

問題なのは、キャラクタに憶えさせる「ライセンス(過去作と比較するとアビリティの様なもの)」の自由度が高いように見えて、実はそうでもない事のように感じます。

思えば、昔のFFはもっとキャラを育てる楽しみがあったように思います。最終的に行き着くところは「どのキャラも同じ」でも、そこに至るまでには本来不必要なやり込みが必要で、ゲームをただクリアするだけであれば、キャラはゲームシステム的にも十分個性を保っていられました。
ところが、今作はキャラ育成上重要なライセンスボードの不備から、最初から「どのキャラも同じ」状態になりやすく、ゲームシステム的なキャラの個性がとても曖昧になってしまっています。

さて、これだけだとプレイしてない人には何が何だかわからないと思いますので、「ライセンスボード」の簡単な説明をした上で、改善案を提示したいと思います。

ライセンスボードとは、戦闘時に行える行動や、使える魔法、装備できる武具を習得(武具や魔法はライセンスを習得しても「使用できる権利」を得るだけなので、使いたければ実際の武具や魔法を、別途店や宝箱から取得する必要がある)していく二次元の盤(端がデコボコな形をしたチェス盤を思い浮かべてください)で、キャラは戦闘時に得られる「ライセンスポイント(LP)」を消費して、その盤を一つ一つ埋めていく(ライセンスを習得する)ことになります。このライセンスボードは「武器、防具」用「魔法、技、アクセサリ、オプション(ステータス強化)」用の二つの盤に分かれています。
そして重要な点は、「新たなライセンスは、既に習得しているライセンスの四方にある物しか習得できない」と「どのキャラも基本的にライセンスボードの内容は同じ」の2点です。
つまり、ライセンスはキャラが初期から持っているライセンスと隣り合ったモノから習得していくことになります。
これがキャラの初期の個性になりますが、そもそも"初期状態で習得しているライセンスにそれ程の違いがない"上に(使える武器に若干の違いがありますが、それももちろんライセンスを習得すれば差は無くなります)、"初歩的なライセンスは隣り合い、ライセンスボード上の中央付近に固まっている"ため、どのキャラも同じ方向性に育てられてしまいますし、そうなりがちな気がします。

もちろん、自分でキャラの個性を考えて「戦士」「黒魔」「白魔」「赤魔」といったタイプに沿って育てる事は"ある程度"可能です。(そして、ある程度絞り込まないと初期はLPが不足します)
しかし、ライセンスボードが平面で、"習得していないライセンスを飛び越える事が不可能"な以上、そこにはどうしても意にそぐわないライセンスの習得の必要が出てきます。ライセンスボード上で"回り込んで"目的のラインセンスを習得することもある程度可能ですが、そこにたどり着くまでのLPの消費も馬鹿に出来ませんし、そもそも回り込む先にも習得したくないライセンスがあればどうしようもありません。つまり、キャライメージに合わせて「純戦士」的な育て方をしようとしても、ライセンスボード上の先にある「HP強化」を習得するために「魔力強化」を習得する必要が出てきたりしてしまいます。
たとえば、バッシュという騎士然としたキャラやアーシェ"王女様"がいますが、このキャラ達にあえて「盗む」を習得させないでプレイしている人はどの程度いるのでしょうか?(「盗む」の先には「応急処置」という、騎士が習得していそうなライセンスがあります。この例は"回り込め"無いワケではないので私は回り込んでいますが、途中のライセンスが必ずしも必要かと言うと、そうでもないように感じられます)特に今作は主人公の初期ライセンスに「盗む」が入っており、敵モンスターは人型以外お金を落とさない仕様から、アイテムを「盗む」ことでそれを売ってお金に替えるプレイが基本となり、同時に戦闘に参加できるプレイヤーキャラが3人しかいないことと相まって、全キャラに「盗む」を習得させている人が結構いる(若年層を中心に。偏見?)んじゃないかと思えます。
しかし、それで良いのでしょうか?

そもそもFFのキャラに期待されているのは、Wizardryの様な「何も無い器にプレイヤーの思い入れ(妄想と言い換えても良い)だけを満たす、ごっこ遊び(キャラとの同化・TTRPGの延長)」という方向性ではなく、あくまで「ストーリを牽引する役者(プレイヤーは観客の視点・映画の延長)」だと認識しています。そこに求められているのは、プレイヤーの都合の良いように自分を弄り回すことを許容するマネキンではなく、気位が高く、自分は自分の美学に沿う行動しかしない(ちょっと勘違いの入った)一流スター何じゃないでしょうか?
ここで、ライセンスを習得しようとすると「騎士とは誇り高くあるものだ」とか、使用しようとすると「そのようなこと、ワタクシできません」とか言うなら良いですし、使えるにしてもせめて「大義のためにはやむなし」とか言うならまだ許せる感じがするのですが。


・・・ちょっと長くなりすぎな感じがするんで、改善案は別のエントリーにて。(ホントは眠くなっただけです。ハイ。)

#ところで、今回は誰が死ぬんですか??


●FINAL FANTASY XII
http://www.ff12.com/
  1. 2006/03/27(月) 23:41:12|
  2. ゲームとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

旧RDの機能拡張ソフトがダウンロード販売(55bg)

●東芝、RDシリーズ3モデルの機能拡張ソフト-「ドラマ延長」や「おすすめサービス」などに対応(Impress)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060322/toshiba1.htm

●RD-X5EX / RD-XS46EX / RD-XS36EX
http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/products/other/ex.html

東芝のHDD/DVDレコーダRD-X5、XS46、XS36の三機種に、現行機種が備えている機能の内「ドラマ延長機能」「スポーツ延長II」「おすすめサービス」「LPモード高解像度」の4種類の機能を追加するための、ソフトウェアのダウンロード販売が2月27日より開始されるそうです。
私もX5とXS36を所有しているので、そこそこ関心有り。
とは言っても、スカパー!中心の私には「ドラマ延長機能」「スポーツ延長II」はあまり意味が無く、「おすすめサービス」はランキングをたまにみて楽しむぐらいでしょうから、焦点は「LPモード高解像度」機能に絞られます。
この機能ですが・・・実は今の視聴環境だとあまり必要性を感じられません。
私の使用しているテレビは未だ4:3の安物の25型であり、Half-D1の映像でもたいした不満は感じられなかったりします。
しかもTVや私の眼がへちょいと言う要因以外にも、Half-D1(352*480)の解像度(私の持ってるRDだと、DVD-R互換モードでビットレート2.0~3.8Mbpsで保存時)を使ってDVD-Rに保存しているのは、キッズステーション(480*480)などそもそもの解像度があまり高くない放送中心で、ANIMAXやAT-X(共に704*480)などは大体Full-D1(720*480)で保存しているせいもあります。
でも今後、高画質の液晶に買い換えたときとかはどうなんだろうな~とか思ってもいるので、一応買うつもりはあります。

過去RDでこのような機能追加を販売したのはRD-X4->X4EX(これもやはり機能拡張ソフトとしての販売で、6,500円だった)くらいしか記憶が無いんですが、2005年10月31日で販売終了したようですので、今回の機能拡張ソフトも気付いたら販売終了なんて事の無いように注意が必要かな。
ただ、早期購入特典(3月27日14:00~31日17:00)が500円の値引き程度なので、急いで買う必要も無さそうです。
不具合とかも怖いので、先に機能拡張を購入される人たちのレポートを待って判断するのが吉かと。
コレで予約件数が64件に増えれば、即買!!だったんですけどね~。あれは物理的なメモリの制限だと思われるので、やっぱり難しいのかな?


●東芝 : TOSHIBA | HDD DVD レコーダー プレーヤー ポータブル ホームページ
http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/index.html
  1. 2006/03/24(金) 00:05:54|
  2. 家電とか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

不定期連載「今日の買い物(第57回)」(70bg)

不定期連載「今日の買い物」コーナー。

多分やらないけど、一応捕獲の「ユグドラ・ユニオン」をいつもの量販店に買いに行ったら・・・DS Liteが売ってました!!
で、絶滅危惧種を速攻保護。


・NintendoDS Lite(エナメルネイビー) ¥16,800
・目にラクシートDLite(液晶フィルター) ¥640
・ユグドラ・ユニオン ¥5,220

締めて¥22,660也。

ユグドラ・ユニオンの方は初回限定版ということで、カードと金属製のストラップが同梱されていました。
まぁ、積みゲー確定なんですけど。寧ろFF12プレイ中の今となってはFFTAをクリアした方が良いのか?とか思ったり。やらないけど。


さてDS Liteをちょっと使った感じを、思いつくままズラズラと。

まず、充電(電源)ライトの位置が見やすくなりました。初代DSは閉じるとライトが見えづらかったので、充電するときは本体を置く向きに注意してましたが、Liteはヒンジ部の右端にあるので開いていようが閉じていようが問題なし。
電源スイッチが右サイドに移動しました。確かにDSの電源スイッチは間違って押してしまうような位置にありましたが、Liteの方はカバンの中で勝手にスイッチが入ってしまう危険性があるかも。ま、スイッチはスライド式の上そこそこ固めなので大丈夫だとは思いますが。間違って電源が入ってもスリープモードで立ち上がるし。
操作感については、全体的にサイズが小振りになっているので、DSに比べてホールド感が増しました。十字キーを含めてボタン類も若干小さくなっていますが、ストロークが深くなっているのでクリック感はあり、アクションゲームはLiteの方が操作しやすそうです。(現にBLEACHの低空ダッシュがやりやすくなったように感じます。)
ただし、STARTボタンとSELECTボタンはかなり小さくなったので、押しづらいです。
画面の方は輝度が高まり、評判通りの見やすさです。四段階で下から二番目あたりで十分かな。最大輝度は目が痛くなります。わらい。
気のせいかも知れませんが、無線LANの感度もLiteの方が良いように感じます。
さて、一番問題に感じることを、最後に。
それは外観です。DSは何とも言えないオモチャ感(チープさ)から持って歩いて傷つけようがお構いなしだったんですが、Liteはかなりブラッシュアップして格好良くなったので、傷が気になります。
PSP程ではないにせよ、閉じてると結構な質感がある(開くとやっぱりチープさが漂う)ので、傷付くといきなりしょぼくなりそうな感じを受けます。ちなみに手の脂もベタベタ付きます。
ということで、私はLiteは持ち歩かず、家で遊ぶとき専用機にすることにしました。ちゃんちゃん。

#そーえば、DSのWi-Fiゲームって本体とカードの組み合わせでデータを保持してるんだね。BLEACHをLiteにさして通信しようとしたら、「データが消去されます」って出てきた。消したけど。

●ニンテンドーDS
http://www.nintendo.co.jp/ds/index.html

●ユグドラ・ユニオン
http://www.sting.co.jp/yggdra/
  1. 2006/03/23(木) 20:28:26|
  2. 今日の買い物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

反応するのは人として当然!!(55bg)

●ブレイク期待のグラビアアイドルランキング!(YahooNEWS)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060320-00000002-oric-ent
●ブレイク期待のグラビアアイドルランキング! -ORICON STYLE ニュース
http://news.oricon.co.jp/omr/16027.html

私のリアルを知る人なら、このネタには反応してくるだろうと読めてたかと思いますが、当然反応するわけです。(あんまりいいネタもなければ、FFのせいで時間までないしね。)
オーディション情報誌『月刊デ・ビュー』(アイドルに詳しくない身としては、オーディション情報誌って何??とか思ってしまうんですが)の『ブレイク期待のグラビアアイドル』インターネットアンケート調査で一位になったのが、眼鏡っ子の「時東ぁみ」さん。なんて読むんだよ!!って突っ込みは置いといて。(普通に「あみ」でイイみたいだけど)

●時東あみ 公式ホームページ
http://www.tokitoami.com/

「眼鏡っ子萌え~」と行きたいところですが「視力1.5」・・・眼鏡っ子じゃ無いじゃん。

あらゆるフェティシズムにはさらに細分化されたフェティシズムがあるように、眼鏡っ子萌えにも様々なジャンルがありそうですが、私の場合は「生活必需品として眼鏡を使用していて、その眼鏡が似合っている、その眼鏡を掛けた状態で可愛い女の子」ですので、ある程度目が悪いことが必須条件になっています。
はっきり言って何の意味も無さそうですが、ファッションで眼鏡を掛けてる人とリアルで目が悪くて使用している人は目つきが結構違います(度が合ってない?)ので、そこがツボなのかも。若干不機嫌そうな目つきというか、ちょっと睨まれるような感覚がたまりません。・・・変態ですか?

更に眼鏡っ子と言うと「俺だけが知ってる可愛いあの子」幻想(非ヲタの人のために軽く解説しますと、この場合、クラス委員長で、成績優秀で、お節介焼きで、普段は地味な「おさげ」で、実は巨乳で、眼鏡を外すとすごく可愛くて、ツンデレ(既に専門用語が入ってますが)で、当然の如く焼き餅焼き。が、基本です。ちなみにこの場合主人公(?)は、大体の場合、少し不良が入った少年。さらに幼なじみ属性が付く場合も多々あり)がつきまといますので、みんなの「アイドル」となると明らかに方向性が違うと思います。
まぁ、私の場合「眼鏡を外してない状態で可愛い」って条件で「俺だけが知ってる可愛いあの子」状態が成り立つ時は、ただ単に私とその他大勢の趣味の相違に基づいてるだけなんでしょうけど。

さて「時東ぁみ」さんの方に戻りますと、当然と言えば当然の如くキャラ特性を生かして、ヲタ層への展開を図るみたい(『スクールランブル二学期』のオープニングテーマは期待大じゃないですか、J-1様。わらい。)ですが、元々そういうのが好きならOKでしょうけど、そうでないなら早々に潰れちゃう気がしますね~。
なんせ只今、公式ホームページの方が激重なんで、実のとこどんな人なのか全然わからんかったりするんですが。
・・・もちろん公式ホームページがみられたからって「アイドル」なら「実のとこどんな人」なのかは全然わからないでしょうけどね。

●オーディション&デビュー情報 Web De-View
http://www.deview.co.jp/
  1. 2006/03/22(水) 23:49:17|
  2. ノンセクション|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

なごみ系?(80bg)

このところ「Blog Keyword Visualizer」がお気に入りです。
期間限定でベータテストしているソフトですが、なんだか不思議に面白いので立ち上げっぱなしにしてます。
どんなソフトかと言えば、「最近のblog界の動向を神(無意識)の視点で俯瞰するためのソフト」と言ったところでしょうか。
・・・夢の無い言い方をすると、それぞれのblogのエントリーからキーワードを拾いノードとして二次元にマッピングし、同じキーワードが出てきたblog同士をリンクで結びつけて表示してくれるソフト。
060319_BKV_1.jpg

こんな感じ。

離れた所に表示されているノードが、新たに表示されたノードに反応し、アメーバのように動く様はなかなか愉快です。
ただ、実用的かと言われると、いくつかの問題で実用性は薄いと思います。(そもそも実用性を求めているツールなのかどうかは分かりませんが)
最たる物としては、初期状態としておおまかに6つのカテゴリに分けて(境界は無いけど)表示しているものの、一つのエントリーの中にでさえ複数の話題があり、脱線があり、超展開(飛躍)がある現状において、そう言った全てを拾ってきて結びつけてしまうと、リンクで結ばれているエントリー同士の関係はblogの記述者にしか理解できなかったり、あるいはblogの記述者にすら理解できなかったりするだろうという点です。
現行でもRSS等は使用されているのでしょうが、それでも、同じblogの同じエントリーからのキーワード(しかも訳の分からん単語や、変なところで区切られた単語、あまりに一般的すぎる単語)が固まって表示されているだけの状態が多すぎますしね。
例えば「プレイ」というノードにぶら下がっているエントリー。
060319_BKV_2.jpg

・・・ね?有象無象すぎるでしょ。

もちろんコレを完全に克服するには人力に頼るしか無くなり、解決方法としては全く現実的ではない結論になってしまうわけですが。
ただ、もう少し時代が進めば(よりWeb2.0的になれば)タギングが普及し、この問題もさほど気にならなくなるのかも知れません。

とりあえず現状での有効的な使い道としては、時事ネタ系のblogを運営している人のネタの確保や、ネタの取りこぼしのチェックとかに使えそうです。・・・やはり、神の視点に有効的な活用方法を求めるのは無粋な気もしてきました。


さて、こんな僻地の祭壇で、神(開発者)にお祈りを。
・色のカスタマイズをしたい。背景色黒にすると、アメーバから宇宙を犇めく宇宙怪獣に格上げです。
・常駐して壁紙代わりに貼り付けられると良い。
・スクリーンセーバーとしても使用できると良い。
・出てきたキーワードの数値としての統計がみられると良い。

あとは、場合によってはソフトの開発思想とも絡みそうな要望。
・特定のキーワード(コチラは開発者さんのblogで言及されてますけど)、特定のblogを注視する設定に出来ると良い。

なにより、期間限定などと言わず、ずっとやってて欲しいな、と言うのが一番の願いです。

●Blog Keyword Visualizer beta
http://www.so-net.ne.jp/web2/bkv/

開発者さんのblog
●BlogKeywordVisualizer Blog
http://blog.so-net.ne.jp/bkv/
  1. 2006/03/19(日) 21:28:17|
  2. PC関連(Windows機)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

不定期連載「今日の買い物(第56回)」(60bg)

不定期連載「今日の買い物」コーナー。

今日は予定通りFINAL FANTASY XII(普通にトゥエルブで良いらしい。わらい)
¥7,980也。

いつもの量販店で買いましたが、流石に結構並んでました。学生は春休みだから、それ程酷い状況ではなかったですが。
なんか、iTunesを使いiTMSからFF XIIの曲が落とせるカードがついてきました。

手順は、まずiTMSを表示。
060316_iTMS_1.jpg

コードを使うを選択。
060316_iTMS_2.jpg

カード裏のコードの入力。
060316_iTMS_3.jpg

Apple IDとパスワードを入力。Macのユーザパスワードと混同しないように・・・って、それは私だけか。
060316_iTMS_4.jpg

ダウンロードが始まります。
060316_iTMS_5.jpg

ダウンロード終了後、購入履歴をみるとダウンロードした曲が表示されます。以上。


それはそうと、給料日前なのにやたらお金があるな~とか思ってたら、今日の買い物(第55回)が2/18。私はこの一ヶ月間、何をしていたんでしょうか???
まぁ、DS Liteは買いそびれたし、ゲームはBLEACH以来買ってなかったし。
先月は身内に不幸があって結構お金が出てったんで、あんまり使わないようにしていたせいもありますけど。
もちろん無いよりは、あった方が良いけどね。

さて、マニュアルでも読むかな~。

●FINAL FANTASY XII
http://www.ff12.com/
  1. 2006/03/16(木) 22:54:13|
  2. 今日の買い物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今月の月例Windowsアップデートについて(Mac OS Xもあるよ)(50bg)

3月分の月例パッチが公開されました。

WindowsXPのSP1及び、SP2環境でのパッチ内容を記載します。

※「Windowsアップデート」はスタートメニューのWindows Updateから行えます。


◎SP2(2006/3/1時点での最新から)環境のアップデート

更新プログラムの合計:1項目 , 2.2 MB

SP2環境は悪意のあるソフトウェアの削除ツールのみです。

・Windows 悪意のあるソフトウェアの削除ツール - 2006 年 3 月 (KB890830)
ダウンロード サイズ: 2.2 MB
このツールをダウンロードして実行すると、Blaster、Sasser、Mydoom など感染力が強く悪意のある特定のソフトウェアにコンピュータが感染していないかどうかが一度検査され、該当するソフトウェアの感染が見つかった場合には削除することができます。感染が見つかった場合は、次回のコンピュータの起動時に、このツールによりステータス レポートが表示されます。新しいバージョンのツールは毎月提供されます。お使いのコンピュータでこのツールを手動で実行する場合は、ダウンロード センターからツールをダウンロードするか、microsoft.com からオンライン版を実行してください。このツールはウイルス対策ソフトウェア製品の代用になる製品ではありません。コンピュータを保護するには、ウイルス対策ソフトウェア製品を使用するようにしてください。


◎SP1(2006/3/10時点での最新から)環境のアップデート

更新プログラムの合計:2項目 , 2.6 MB

悪意のあるソフトウェアの削除ツールに加え、もう1項目追加されます。

・Windows XP 用セキュリティ更新プログラム (KB914798)
ダウンロード サイズ: 478 KB
Windows ベースのシステムを攻撃者が侵害して制御できるセキュリティ問題が発見されました。この更新プログラムをインストールすると、お使いのコンピュータを保護できます。インストール後には、コンピュータの再起動が必要になる場合があります。インストールすると、削除することはできません。


SP1,SP2共に(ウチの環境では)再起動要求はありませんでした。



Appleもアップデートしてました。
●Mac OS Xのセキュリティパッチ、Safariなどの危険な脆弱性を修正(Impress)
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/14/11232.html

Security Update 2006-002 14.3MB

詳細は
●Security Update 2006-002 について
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=303453-ja

インストール後は再起動要求が有りますのでご注意ください。


それでは皆様、安全なWindows&Macライフをお送りください。
  1. 2006/03/15(水) 18:33:19|
  2. PC関連(ニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これからの注目作(85bg)

これから発売されるゲームの中から私的注目作をメモ。

●FINAL FANTASY XII(スクウェア・エニックス)
http://www.ff12.com/
PS2/2006年3月16日/8,990円
「タクティクスオウガ」の松野泰己氏が携わっていると言うことで期待しているFF12も、いよいよ明後日発売です。
先週売りのファミ通のクロスレビューでは、なんと40点満点を出してました。
40点なんてあるんだな~と調べてみると、「ゼルダの伝説 時のオカリナ(N64)」「同 風のタクト(GC)」「ソウルキャリバー(DC?)」「ベイグラントストーリー(PS)」「nintendogs(NDS)」と、過去5作あったようです。・・・どれもやったこと無いけど。(因みに「タクティクスオウガ」は34点)
ま、拝金主義のかたまりみたいな雑誌のつけた点数なんてたいした意味も無さそうですが、雑誌としての体面を考えれば満点を安売りはしないでしょうから、それなりの物と期待しても良さそうです。
FFの過去作はXの39点が最高だったので、少なくとも歴代FFの中で最も出来が良いって事ですよね!!
PSに入ってからのFF(つまりVII以降)はやったことが無いので、かなり新鮮にプレイできるかも。プレイ時間100時間って時点でクリアしないのは目に見えてますが。
世界観がFinal Fantasy Tactics Advanceと同一らしいんですが、あのゲームの世界って主人公の友達の妄想みたいな設定じゃなかったんだっけか?・・・FFTAもクリアしてないから良くわからないけど。

●ユグドラ・ユニオン(STING)
http://www.sting.co.jp/yggdra/
GBA/2006年3月23日/6,090円
(私にとっては)懐かしいSTINGの作ったSRPG。ここのゲームを買う(予定)のはSS版の「BAROQUE」以来なので7年ぶりくらいかな?
見た感じは「ドラゴンフォース」を「ファイアーエムブレム」に近づけたような印象を受けるけど、どうなんだろ?
ま、ピンと来る物があったので買うと思います。因みに今まで携帯ゲーム機のSRPGでクリアしたゲームは一本もありません。わらい。

●Another Century's Episode 2(バンプレスト)
http://www.ace-game.jp/
PS2/2006年3月30日/7,329円
えーと、デンドロビウムが登場するようなので買う気はあるんですが、前作(の廉価版)も買うだけ買ってやってない実績がありますので、今回も廉価版待ちで。

●New Super Mario Bros.(任天堂)
http://www.nintendo.co.jp/n10/e3_2005/ds_soft/newsupermario/
NDS/2006年5月予定/4,800円
スーマリの久しぶりの横スクロール2Dアクションゲームです。未だに一番好きなアクションゲームはマリオ3なので、期待大。
間違いなく買いますが、昨今のDSの状勢をみていると、予約必須ですかね?もちろん出荷本数にもよるでしょうが。

●PERSONA3(アトラス)
http://www.atlus.co.jp/cs/game/pstation2/persona3/
PS2/2006年7月13日予定/価格未定
メガテンシリーズの派生であるペルソナにも新作が。
ペルソナシリーズはプレイしたことがありませんが、今作からストーリ的に前作とのつながりがない新シリーズ突入するというので、ちょっと興味がわきました。
先週売りのファミ通(3/24号)に販促用のDVDがついていたんで、買って観てみたんですが、かなり良さそうです。(メガテンとして良さそうって意味ではありません)
戦闘のグラフィックはシンメガ3をコミカルにしたような感じで、システムも敵の弱点を突くことにより攻撃回数が増え一方的に攻められる等、シンメガ3を踏襲している印象。
今のところの全体的な印象としては、シンメガ3のガンパレ風味といった感じかな。学園物好きだし、コレも買いそうだなぁ。


以下、買い気配を見せつつ結局買わなかった(今のところ買ってない)ゲーム達。

●ナムコミュージアム アーケードHITS!(ナムコ)
http://namco-ch.net/namco_museum_arcade_hits/index.php
PS2/発売中/5,040円

●カプコン クラシックス コレクション(カプコン)
http://www.capcom.co.jp/ccc/
PS2/発売中/5,040円

●デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団()アトラス
http://www.atlus.co.jp/cs/game/pstation2/summoner/
PS2/発売中/7,140円

葛葉~は廉価版が出たら買うかも知れない。


そう言えばPS3はどうなったんだ?


[06/3/15追記]
などと言っていたら、PS3の発売が11月上旬と発表されました。

●プレイステーション 3は2006年11月上旬発売――日米欧同時(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0603/15/news069.html

まだ、正確な発売日の発表ではないので、更なる延期の可能性も無くは無さそうです。
ぶっちゃけ、Xbox360が大コケしたため、焦る必要が無くなったってとこなのかも知れません。

●「PS3はプアマンズBDプレーヤーではない」――SCE 久多良木氏(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0603/15/news073.html

やっぱり、ゲーム機としてはかなりの高額になる予感。


[06/3/19追記]
ユグドラ・ユニオンのクロスレビューは9+10+8+8の35点でした。

あと、注目作に追加。
●STREET FIGHTER ZERO Fighter's Generation(カプコン)
http://www.capcom.co.jp/sfz_fg/
PS2/2006年5月25日予定/5,040円
ストゼロ3が大好きです。買います。
ファミ通に載ってるキャラ選択画面には出てませんが、パッケージ絵にはフェイロンとかT・ホークとか出てるんで、使えるんだよね?
  1. 2006/03/14(火) 21:15:00|
  2. ゲームとか|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Windowsアップデート(70bg)

●3月のMS月例パッチはOffice関連など2件(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0603/10/news013.html

Officeを除いたWindowsのパッチは2件(悪意あるソフトの削除ツール含む)のようです。
3/14公開の予定です。

それはそうとWindows Genuine Advantage 確認ツールがアップデート出来なかった件は、解決しました。
顛末を追記しましたので、気になる方は3/1のエントリーを読んでみてください。
  1. 2006/03/10(金) 20:00:25|
  2. PC関連(ニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

"Q"でMac miniにWindows98をインストールする話(2)(65bg)

承前

さて、なぜだか先へ進みませんでしたので、F3キーを押して終了。DOSプロンプトを表示します。
060309_Q_01.jpg

"e:"でeドライブに移動してから"format c:"でcドライブをフォーマットします。
060309_Q_02.jpg

フォーマットが終了したら、
060309_Q_03.jpg

"setup.exe"を起動します。

あとは流れに身を任せて・・・
060309_Q_04.jpg

060309_Q_05.jpg

たまにハングアップしたりして、そんなときはリセット。
060309_Q_06.jpg

説明するのを忘れてましたが、この画面では左のボタンから"フロッピーの読み込み","CD-ROMの読み込み","電源","リセット"になっています。
ちょくちょくボタンが効かないことがありますが、そんな時は一度Controlウィンドウの方にフォーカスを合わせてからクリックすると効くことが多いようです。
060309_Q_07.jpg

060309_Q_08.jpg

こんなワケわからんハングアップも。

でも、どうにかこうにかログイン画面が・・・
060309_Q_09.jpg

って、Windows98ってデフォルトでログイン画面出るんだっけか?
060309_Q_10.jpg

060309_Q_11.jpg

ココあたりハングアップしてるんじゃないかと思うぐらい、時間がかかりました。

そして、懐かしい画面。
060309_Q_12.jpg

060309_Q_13.jpg

ホントに懐かしい。

ココまでウチのMac miniでは2時間くらいかかったかも。
因みに起動中はずっとCPUは100%使用です。

Mac上のマウスカーソルとQのWindows中のマウスカーソルの移動がやたらとずれるのが気になりますが、とりあえず動作してます。

ま、なんにしても起動したので満足。今日はココまで。

あ、終わるときは、ちゃんとスタートメニューから終了しないと駄目ですよ。
  1. 2006/03/09(木) 23:57:06|
  2. ドザはMacとワルツが踊れるか?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

"Q"でMac miniにWindows98をインストールする話(1)(70bg)


さて、MacOS上でWindowsを動かすエミュレータとしてはMicrosoftのVirtual PCが有名ですが、いくつかフリーのソフトもあり、その一つがQです。
そのQを使いMac mini(OS 10.4)上でWindows98を動作させたいと思います。

まずは
●Q - Q [kju:]
http://www.kberg.ch/q/
から、Downloads -> 下部のLatest STABLE Build(安定版)又は、Latest UNSTABLE Build(最新版)お好きな方をダウンロード。

普通のディスクイメージファイル(.dmg)ですので、ダウンロードすると自動でマウントされます。
マウントされない場合は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、
060308_Q_01.jpg

英語は苦手なので良く読んでませんが、お定まりの文言が書いてあると思います。(もし、「このソフトは貴方のMacを乗っ取ります」とか書いてあっても、私は知りませんよ?)
文句が無ければAgree(同意)をクリック。
060308_Q_02.jpg

このウィンドウが出てきたら、矢印通りに"Q"のアイコンを"Applications"のアイコンにD&Dすれば、自動的にアプリケーションフォルダにQがインストールされます。

そしてアプリケーションフォルダからQを起動すると"Q Control"が立ち上がります。
060308_Q_03.jpg

ボタンは左から"新規環境の作成","既存環境の設定変更","既存環境の起動","既存環境の削除"になります。

まずは"新規環境の作成"を行います。
060308_Q_04.jpg

Generalタブは、基本的にそのままで良さそうです。Nameの部分には自分のわかりやすい名前をつけてください。
060308_Q_05.jpg

Hardwareタブでは、エミュレータを動かす擬似的なPCのハードスペックを決定します。
ここも基本的にはそのままで良さそうですが、Harddiskはデフォルトで1GBになっていますので、必要に応じCreate other Diskimageで容量を決定してください。
060308_Q_06.jpg

なお、コレはQ上で擬似的に構築されるPCのHDDですので、Macで使用しているHDDに新たにパーティションが作成されてしまうわけではありません。(容量分のファイルとしてMac上に確保されるハズ。)
あと、Boot fromはCD-ROMを選択するようにしてください。

設定が終了したらCreate PCで環境を決定します。

すると、いま作った環境がShutdown状態で登録されています。
060308_Q_07.jpg

三角ボタンを押せば環境が起動しますが、その前にWindowsのCD-ROMをMacのドライブに挿入しておきます。
060308_Q_08.jpg

環境が起動します。Boot from CD-ROMを選択。
060308_Q_09.jpg

Start Windows 98 Setup from CD-ROMを選択。
060308_Q_10.jpg

ENTERキーを押下。
060308_Q_11.jpg

未割り当てディスク領域を設定するを選択。
060308_Q_12.jpg

ちょっと画面がバグってますが、大容量ディスクサポートを有効にするを選択。
060308_Q_13.jpg

ENTERキーを押下。
060308_Q_14.jpg

ENTERキーを押下・・・しても進まず。
アレレ~?
以下、次回。

●Mactopia Japan : Virtual PC for Mac
http://www.microsoft.com/japan/mac/products/VirtualPC/default.asp?navindex=s8
  1. 2006/03/08(水) 23:58:17|
  2. ドザはMacとワルツが踊れるか?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

暫定的にブログラムを導入してみる(65bg)

●ブログにおける情報の重さ(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0603/06/news008.html

またしても、小寺氏の記事から。(小寺氏の記事が面白い&わかりやすいのでそれについて書かせてもらう事が多いだけで、別に他の方の記事を読んでないワケじゃないのよ。って、誰に言い訳してるんだ、私は)

私のささやかなblogでは小寺氏の様な情報発信者然とした不安を感じることなどありませんが、自分の書いたエントリーに対する重み付けを行うというのは難しそうでもあり、楽しそうでもあります。
小寺氏の記事の中では「ブログの情報を相手にどの程度シリアスに受け取って欲しいかの重み付けの単位」としてブログラム(bg)を定義していらっしゃいますが、それだと私にとっては少々居心地の悪い「志」の様なものを感じてしまいますので、あくまで自分のために、そのエントリーに対する思い入れを表す単位として、bgを使用させてもらおうかと思っています。(「日記」ですからね)
例えば、ニュース記事を受けてのエントリーならそれに対する関心度。何かをしたことに関するエントリーならそれに対する熱意(あら、恥ずかしぃ)のような、本来ならエントリーの文中に書き綴るべき物を無理矢理定量化し残しておくことで、後日その時の自分を客観視するための一つの指標になれば・・・とか(あ~、そろそろ自分で何言ってるのかわからなくなってきましたヨ?)

そもそも、今自分が本当にしたいことはなんなのか?を意識するのが苦手だったり、自分が今やってることに自分自身どれだけの価値を見出しているのか?と言うのが分からなかったりする性格(単に考えないようにしているだけなのかも知れないけど)なので、すぐに投げ出しそうな気もしますが。

#blog書き始めたときも同じようなこと思っていたけど、内容の有る無しはともかく続いてはいるんだな、コレが。
  1. 2006/03/06(月) 23:58:19|
  2. このページについて|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

仕様っていうことで、終了?

今まで何度か(05/9/27,06/2/22)Mac miniの起動時に解像度がデフォルトに戻る事を愚痴りましたが、結局の所、仕様みたいです。
電源投入(又はスリープからの復帰)時にディスプレイが接続されていないと、解像度がデフォルト戻るような設計になっている、と。
まぁ考えてみれば、例えばディスプレイが突然壊れたときとか、買い直したディスプレイが前のディスプレイと同じ表示設定が使えるとは限らないわけだから、下手に設定の固定なんか出来るとハマっちゃう可能性もあるわけだし、そう言ったことから自動検出が前提->何も接続されてないとデフォルトという流れなんですね。
冷静になれば、Windowsもこんな仕様になってそうな気もしますね。

で、とりあえず解決方法が見つからなかったので、仕方なくT765を接続することにしました。
理屈は良くわからないんですが、接続さえしてしまえば、ディスプレイの電源が投入されていなくても(コンセントが刺さっていなくても)ちゃんと認識して、解像度が変更できたりします。
因みに、ディスプレイ側に刺さっていないコードをMac miniに繋げても、無意味。
060305Macmini_resolution.jpg

で、1280*1024に変更。
本当なら、もうチョット横長にしたいんだけど、まぁしょうがないか。

ディスプレイの中に、(電源が切断されている状態でも)パソ側からの信号を受けて型番をかえすようなチップが入っている、って事なのかな。
だとしたら、ケーブルの特定のピン同士をショートさせても駄目?てか、危ない?・・・電気は苦手だ。

#「レベルの低い話だ」とか、笑わないように。
  1. 2006/03/05(日) 23:22:11|
  2. ドザはMacとワルツが踊れるか?|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

玄箱のファイルをバックアップ

最近、思い出したように(文字通り忘れてたりもしますが)玄箱を弄ったりしてます。
実は今までロクに設定ファイル等のバックアップを取っていなかったんですが、流石にそれはマズいかなと、バックアップを取ることにしようかと。
で、ずぼらな私でも面倒がらずにバックアップが取れるように、シェルスクリプトを作りました。

-----ここから-----

#!/bin/sh

#現在の日付&時間を求める
#フォーマットは YYMMDD_HHMMSS
now_date=`date +%y%m%d_%H%M%S`

#バックアップ用フォルダのフルパスを指定
backup_folder='ココにバックアップ用フォルダのフルパスを指定'

#バックアップ用フォルダの存在確認
if [ -e ${backup_folder} ] &&
[ -d ${backup_folder} ]
then
#フォルダの作成
cd ${backup_folder}
mkdir ${now_date}
cd ./${now_date}

#ファイルをバックアップ
cp /etc/hostname ./
cp /etc/hosts ./
cp /etc/hosts.allow ./
cp /etc/hosts.deny ./
cp /etc/ntp.conf ./
cp /etc/profile ./
cp /etc/proftpd.conf ./
cp /etc/wizd.conf ./

#フォルダをバックアップ
cp -R /etc/netatalk ./
cp -R /etc/samba/ ./
cp -R /root ./
cp -R /home/user ./

#バックアップを圧縮(log.txtにログを書く)
cd ..
tar cvf saisinbkup.tar ${now_date} >& log.txt

else
echo ${backup_folder}' NOT FOUND!!'
fi

-----ここまで-----

簡単ですが、こんな感じ。
実行すると、バックアップ用フォルダの下に実行時の日付と時間名のフォルダを作成し、そこに指定ファイル&フォルダをバックアップ。バックアップした内容をsaisinbkup.tarと言うファイル名で圧縮します。(解凍は 'tar xvf saisinbkup.tar -C 解凍先フォルダ'で)
後はWindowsPCを使い、saisinbkup.tarを適当なメディアに書き出して終了って具合です。

ホントならcronを使い自動実行して、Windowsのタスク機能で圧縮ファイルをWindowsPCに保存とかした方が良いんでしょうが、当面そこまでやるつもりは無し。設定とか弄ったときに手動でやることにします。

システム全体のバックアップも取ろうとすれば取れるんだと思うけど、どうしようかな~?やり方だけでも調べてみようかな(とか言って調べた試しがないけど。わらい)
  1. 2006/03/04(土) 20:26:46|
  2. PC関連(玄箱)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

またまたAppleもアップデート

●Apple、アップデートでMac OS Xのセキュリティ問題に対処
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0603/02/news019.html

Mac用のウイルスも登場して、ようやくMacOSもマイノリティー脱却って感じかな?などと安堵感(ヲイ)を憶える間もなく、アップデート。

Security Update 2006-001 13.2MB

詳細は
●Security Update 2006-001 Mac OS X 10.4.5 (PPC)
http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/securityupdate2006001macosx1045ppc.html

インストール後は再起動要求が有りますのでご注意ください。


iTunesもバージョンアップ。

●Apple、Front Rowとの共有機能を強化したiTunes新版が登場
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/02/news018.html

Windows版が6.0.4.2 で 34.7 MB
Mac版が6.0.4(3) で 18.7MB

詳細は
●iTunes 6.0.4
http://www.apple.com/jp/ftp-info/reference/itunes604.html


今回、Windows版のインストール時はiTunes 6.02の時と同じく、「ヘルプ-iTunesの更新を確認」で(iTunes 6.0.3なのに)最新バージョンと表示。ダウンロード後、インストール時にもやはりエラーが出ました。・・・違いがわからん。

なお、今回もmt-daapdは既存のバージョン(0.2.3)で問題なく使用できるようです。
  1. 2006/03/02(木) 22:59:45|
  2. PC関連(ニュース)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Windows Genuine Advantage 確認ツールがアップデート・・・できず

WGAがアップデートされました。
ダウンロードはSP1,2共に同内容です。


・Windows Genuine Advantage 確認ツール (KB892130) 710 KB
Windows Genuine Advantage 確認ツールを使用すると、お使いの Microsoft Windows が正規のものであるかどうかを確認できます。確認処理は、インストールされている Windows のプロダクト ID とプロダクト アクティベーション (ライセンス認証) の状態をチェックすることで行われます。


この最新バージョンでは、サービスが以下のように拡張されています。

高速インストールとカスタム インストール: 優先度の高い最新の更新プログラムのみ選択するか、利用可能なすべての更新プログラムの中から選択してください。
スマート ダウンロード: ダウンロードが中断された場合、次回にその更新プログラムをダウンロードするときに、中断したところから処理を再開します。
小サイズ ダウンロード: このコンピュータに必要なファイルのみダウンロードします。ダウンロードの時間と接続に伴うコストを低減します。
1 バージョン: 最新の更新プログラムのみ提供されます。
整理: 表示が不要な更新プログラムを非表示にすることができます。
更新プログラムに関するニュース: Windows Update ホーム ページの、Microsoft セクションのニュースには、使用のヒントと最新情報が表示されます。



さて、ウチの環境ではSP2の方は問題なくアップデートされたんですが、SP1の方はうまくいきませんでした。

こんなエラーが出ます。
060301_WindowsUpdate.jpg

エラーコード0x80070005。

検索してみると、こんなのが引っかかりました。

●Windows Update サイトで利用可能な更新を検索すると 検索中に 0x800A01AD エラーが表示される
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;JA;875558

が、どっちを実行しても状況変わらず。
方法 1.の方に関しては、全てのアカウントにフルコントロールを設定してみました(そもそもAdministrator、Systemは最初からフルコントロールになってました)が、駄目です。(もちろん試した後アクセス権は戻しました)

なんだろう?SP2にアップデートしろっていうMSの嫌がらせか?blogのネタに困った私への贈り物か?
なんにしても、SP1のサポートも9月で切れるしな~。

●よく寄せられる質問(サポートしているバージョンと言語 )
http://update.microsoft.com/windowsupdate/v6/about.aspx?ln=ja#SupportVL

やれやれ。次回の月例パッチまでに劇的に直らないかな?


[06/3/10追記]
どうにも改善の見込みが無かったので、困ったときの2ch頼み。
するとWindows板の"Windows Update失敗したらageるスレ 10"の306レス目に以下の書き込みが。(勝手に引用させていただきます)

-----ココカラ-----
WGAインストールやっと成功した
HKEY_CLASSES_ROOT\LegitCheckControl.LegitCheck
HKEY_CLASSES_ROOT\LegitCheckControl.LegitCheck.1
↑administratorsとsystemのアクセス許可をフルコントロールと読み取りに
チェックして再起動したらいけた
-----ココマデ-----

コレで、ウチではうまくいきました。この場を借りまして306さんに感謝を。

さて、ひょっとしたらコレだけでは意味の分からない方の中にも、この件でハマっている方がいらっしゃるかも知れませんので、一応詳細な手順を書かせていただきます。(失敗すると、最悪Windowsが起動しなくなる場合も考えられますので、あくまで自己責任で)

手順的にはまずレジストリエディタを起動する必要がありますので、「スタート」から「ファイル名を指定して実行」を選びます。
060310_WGA_1.jpg

060310_WGA_2.jpg

名前の所に"regedit"と入力してリターン。
060310_WGA_3.jpg

レジストリエディタが起動しますので、左のツリーから"HKEY_CLASSES_ROOT"を開いて"LegitCheckControl.LegitCheck"を探します。
060310_WGA_4.jpg

見つけたら右クリックをして、「アクセスの許可」を選択します。
060310_WGA_5.jpg

アクセスの許可ウィンドウが開きますので、Administrators~を選択してフルコントロールの許可にチェックします。
060310_WGA_6.jpg

続いてSYSTEMを選択、同じようにフルコントロールの許可にチェックしたら、OKを押します。

同じ事をすぐ下にある"LegitCheckControl.LegitCheck.1"に対しても実行。
再起動してWindows Updateを行うと、
060310_WGA_7.jpg

もう一度306さんに感謝を。

●2ちゃんねる
http://www.2ch.net/
  1. 2006/03/01(水) 23:55:05|
  2. PC関連(Windows機)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

如月

02 | 2006/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。