暗幕と、緑文字。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

PEARのインストール(60bg)

PHPのオフィシャルな拡張ライブラリであるPEARライブラリを使用するために、PEARをインストール。

#aptitude install php-pear

動作確認(詳細はネット環境の無いWindowsでのPEARインストールをネタにした1/17のエントリーで)のためにPEAR_Infoパッケージをインストールします。

#pear install PEAR_Info


スクリプトを起動してみると、以下のエラーメッセージが。

PEAR configuration files /.pearrc, /usr/etc/pear.conf does not exist


設定を表示してみると・・・。

#pear config-show

System Configuration File Filename /usr/etc/pear.conf
この行のようですが、設定するためのキーワードがありません。
grep等を使用して設定ファイルを探したのですが、見つかりませんでした。実は、PEARのコンパイルオプションかなんかで設定するのでしょうか?
まぁ、悩んでいてもしょうがないので、Debianのデフォルト設定ファイルにシンボリックリンクをはっておきました。

#mkdir /usr/etc
#ln -s /etc/pear/pear.conf /usr/etc/pear.conf

結果問題なく表示されるようになったので、これで大丈夫そうです。


実際は、圧縮ファイルを扱うためのFile_Archiveパッケージを使用したくてPEARを入れたので、早速インストール。

#pear install -a File_Archive

依存関係を解決しないとインストールできないパッケージは-aオプションで、依存するパッケージも引きずってインストールできます。

以下のパッケージがインストールされた模様。
install ok: channel://pear.php.net/Net_SMTP-1.2.10
install ok: channel://pear.php.net/Net_Socket-1.0.8
install ok: channel://pear.php.net/Auth_SASL-1.0.2
install ok: channel://pear.php.net/System_Command-1.0.6
install ok: channel://pear.php.net/Cache_Lite-1.7.2
install ok: channel://pear.php.net/MIME_Type-1.0.0
install ok: channel://pear.php.net/Mail-1.1.14
install ok: channel://pear.php.net/File_Archive-1.5.3

実はFile_Archiveパッケージのドキュメントは和訳されていないので、イマイチ使い方がわからなかったり。ちょっと弄ってみないと。

●PEAR
http://pear.php.net/packages.php
http://pear.php.net/manual/ja/
スポンサーサイト
  1. 2007/08/06(月) 22:34:58|
  2. PC関連(Linux系?機)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

やっぱりそのままetchには行けなかった(80bg)

Debian GNU/Linuxが4月に4.0(etch)にバージョンアップしました。
ウチもバージョンアップしたいな~と思いつつズルズルと過ごしてきましたが、先週遂に手を出し、ものの見事に失敗してしまいました。

バージョンアップの手順は
●Debian GNU/Linux 4.0 ("etch") リリースノート (Intel x86 用)
http://www.jp.debian.org/releases/stable/i386/release-notes/index.ja.html#contents
を参考に、主に「第 4 章 - 以前のリリースからアップグレードする」をそのままやったつもりだったんですが、残念無念。

まずカーネルを2.6系に上げた時点で「APIC error on CPU0 :40(40)」なんてエラーが頻発した時点でヤバイ信号が出始めていて、インストール途中で「この警告を無視して意地でも先に進みますか?」なんてきかれた時点で完全にアウトでしたけど。(ちなみにAPIC~は/boot/grub/menu.lstの該当カーネルパラメータにnoapicを付加したら治まりました)

なんか起動は出来るんだけど動きが変な上に、必要なアプリがインストールできないという駄目駄目状態になったので、結局クリーンインストールしましたとさ。
まぁ予め/etcはバックアップしていたし、ユーザデータのある/homeは別パーティションだったので、クリーンインストールとは言ってもそれ程の手間では無かったんですけどね。

因みに前回(sarge)は基本システムだけインストールして、後から必要なモノを一つずつ手動で入れていきましたが、今回は手抜きしてインストーラ任せにしました。選択したのは「基本システム」「デスクトップ環境」「ウェブサーバ」「ファイルサーバ」「SQL データベース」。
後からインストール(aptitude install)したのはとりあえず「ssh」「kde」「php5」「ntp」。

実際のインストールに使用したのはDVDの1枚目だけだったので、"apt-cdrom add"で2枚目と3枚目も読み込ませておきました。

現時点で、以前の環境と同程度までは回復しています。
とりあえず、sargeに比べると落ちるのが早くなったな~とか。
  1. 2007/07/23(月) 23:59:22|
  2. PC関連(Linux系?機)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

pgAdmin IIIの導入(65bg)

さて、DebianPCにPostgreSQLを導入したわけですが、基本的にアクセスはWindows側から行うので、WindowsにpgAdmin IIIというPostgreSQLへアクセスするためのツールを導入します。

ダウンロードは以下のサイトから行えます。
●pgAdmin III- PostgreSQL administration and management tools
http://www.pgadmin.org/index.php

また、日本PostgreSQLユーザ会のサイトからWindows向けのPostgreSQLをダウンロードしてpgAdmin IIIだけ導入しても良いでしょう。(こちらの方が最初から日本語化されているのでわかりやすいです)
●NPO法人 日本PostgreSQLユーザ会
http://www.postgresql.jp/



スクリーンショットではpsqlも導入しちゃっていますが、コレも必要ありませんね。


以下、簡単に使い方をメモ。


[ファイル]-[サーバの追加]から
070321pgAdmin3_1.jpg

ユーザ名はcreateuserで作成したユーザです。

作成したサーバを右クリックで[接続]
データベースを右クリックで[新しいデータベース]
070321pgAdmin3_2.jpg

!!!!!私のスクリーンショットではDB名やテーブル名などに大文字と小文字が入り交じって使われていますが、全て小文字で統一する方が良いようです。大文字を使用すると何かしようとするたびに、その名称を""で囲んでやる必要がありますので!!!!!

テーブル項目で右クリック[新しいテーブル]
070321pgAdmin3_3.jpg


[列]タブ
070321pgAdmin3_4.jpg

項目の名前と、データ型を入力していきます。
070321pgAdmin3_5.jpg


[制約]タブで主キーを選択して「追加」
[列]タブので項目を選び「追加」でプライマリキーが設定できます。
070321pgAdmin3_6.jpg

他にチェックしたい項目があるときは、同じく[制約]タブでチェックを選択して「追加」
070321pgAdmin3_7.jpg

チェックの名称と内容を設定します。
070321pgAdmin3_8.jpg


テーブルにデータを追加したいときは、テーブルを右クリックして[データビュー]から[全ての~]を選択すると、データの一覧が出るのでその画面でエクセルライクに入力できます。
070321pgAdmin3_9.jpg


またSQL命令で追加しい時は、右クリック[スクリプト]から[INSERTスクリプト]で行えます。
070321pgAdmin3_10.jpg

内容を記述後「クエリーの実行」(緑色の三角)

なんか色々機能があるわけですが、まだまだ理解してませんのでこの程度で・・・。(そもそもSQLがわかってないし)

データ型や制約なんかについてはPostgreSQLのマニュアルで。

●PostgreSQL
http://www.postgresql.jp/document/
  1. 2007/03/21(水) 22:20:40|
  2. PC関連(Linux系?機)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PostgreSQLの導入(70bg)

#実は1月頭にインストールはしてあったんですけど、書くのを忘れていました。インストール時の覚え書きを見ながらですが、嘘書くかも。(なんせ記憶の彼方で)

PostgreSQLの最新版は8.2.~ですが、Debianのaptに用意されているパッケージは7.4.7-6が最新のようです。私の用途では問題無さそうなので、そのまま導入しました。

ということで、いつも通りapt-getでインストール。
#apt-get install postgresql

/etc/postgresql/pg_hba.confの一番下のreject行の前に
host all all 192.168.0.0 255.255.255.0 password
などと追加し、ネットワーク内の別PCよりアクセス可能にします。

#/etc/init.d/postgresql restart
で再起動。

ちなみにaptを使ってインストールすれば、OSのブート時に自動的PostgreSQLが上がるように登録されるはずです。


一応SQLの管理用に別ユーザを作成。
#adduser postgres


postgresユーザでログインし直してSQLにアクセスするためのユーザを作成。

$createuser -P

Enter name of user to add: db_master
Enter password for new user:
Enter it again:
Shall the new user be allowed to create databases? (y/n) y
Shall the new user be allowed to create more new users? (y/n) y

このユーザ(私の例だとdb_master)はDebianのユーザである必要はありません。

とりあえずここまで。(次はWindows側にpgAdmin IIIをインストールする話の予定)

#あ~全ては良作ゲームが悪いんだ。
  1. 2007/03/08(木) 23:29:12|
  2. PC関連(Linux系?機)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Apache2、Perl、PHP(85bg)

お遊びのため、Webアプリケーションの実行環境を構築。

◎Apache2
Apacheにはバージョンの違いで1.X系と2.X系があります。
当初何も考えないで1.X系をインストールしてしまいましたが、PHP系の本やサイトだと2.X系への設定例が載っていて「2.X系じゃないと使えないのか?」と思い、1.Xをアンインストール。2.Xを入れなおしました。

ちなみにapt-getでインストールしたパッケージのアンインストールは
#apt-get --purge remove パッケージ名
で可能です。(--purgeを付けないと設定ファイルなどは残されます)

で、インストール。
#apt-get install apache2-mpm-prefork
いくつか種類があるらしいんですが、apache2-mpm-preforkが安定性が高いそうです。

DebianのApache2.Xは1.X系とは違いコンフィグファイルがいくつかに分かれています。
とりあえず設定する必要がありそうなのは/etc/apache2/sites-available/defaultと/etc/apache2/apache2.confの二つ。

とは言っても設定の基本は1.X系と同じ(10/21のエントリー)です。

参考サイト
●Apche2のインストール
http://alk.dip.jp/apache2-default/sv080.html

/etc/apache2/sites-available/defaultはDocument rootの指定やcgi-binのエイリアスを設定するファイル。

/etc/apache2/apache2.confはApache2全体の設定をします。
これはとりあえず、
AddHandler cgi-script .cgi .pl
行のコメントを外し、plを追記。


◎Perl
Perlは初めからインストールされています。

#which perl
でインストールパスを確認するだけ。
/usr/bin/perlでした。


◎PHP5.1
Debianのstable(安定版)なPHPは4.X系までなようで、5.X系をaptでインストールするにはsources.listを修正してやる必要があります。

/etc/apt/sources.listに
deb http://people.debian.org/~dexter php5.1 sarge
の一文を加えます。

#apt-get update
をしてから
#apt-get install php5.1
でインストールします。

以下、Apache2とPHPの設定ファイルの書き換え。

参考図書
●独習PHP - WINGS
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/4-7981-0981-9/

再び/etc/apache2/apache2.confの書き換え。
AddDefaultCharset ISO-8859-1
行を
AddDefaultCharset none
に修正。

AddType application/x-httpd-php .php
行のコメントを外す。


/etc/php5.1/apache2/php.iniの書き換え。

doc_root =
行はApache2のDocument rootとあわせます。

extension_dir = "/usr/lib/apache2/modules/"
行はイマイチどこを設定すればいいかわからなかったので、
#locate php | grep so
してsoファイルがあった/usr/lib/apache2/modules/を設定しときました。

以下、本のまま設定。
output_buffering = On
output_handler = mb_output_handler
default_charset = "Shift_JIS"
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = EUC-JP
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = auto


include_path =
行だけはそれらしいディレクトリが見つからなかったので、設定しないまま。
いずれエラーメッセージが出たときにでも、必要なファイルをlocateしてそのディレクトリを書き足せば良い・・・のか?
ここまで参考図書通り。

その他に参考になりそうなサイト。(実は読んでません)

●日本PHPユーザ会
http://www.php.gr.jp/

●PHP: Hypertext Preprocessor (in Japanese)
http://www.geocities.jp/rui_hirokawa/php/

●PHP/tips/推奨php.ini設定 - PukiWiki
http://wiki.ohgaki.net/index.php?PHP%2Ftips%2F%BF%E4%BE%A9php.ini%C0%DF%C4%EA


さて、実はコレだけでは動きませんで、更にモジュールを有効にする必要が。
/etc/apache2/mods-available/の下にあるのが利用することが可能なモジュールで、/etc/apache2/mods-enabled/の下にあるのが現在有効なモジュールです。
モジュールを使用したいときはmods-available/からmods-enabled/の方にシンボリックリンクを張ります。

とりあえずそれらしいのを、張っときました。

#ln -s /etc/apache2/mods-available/php5.1.conf /etc/apache2/mods-enabled/php5.1.conf
#ln -s /etc/apache2/mods-available/php5.1.load /etc/apache2/mods-enabled/php5.1.load
#ln -s /etc/apache2/mods-available/php5.1_filter.conf /etc/apache2/mods-enabled/php5.1_filter.conf
#ln -s /etc/apache2/mods-available/php5.1_filter.load /etc/apache2/mods-enabled/php5.1_filter.load

これでPHPが動く、ハズ。

あ、
#/etc/init.d/apache2 restart
でApache2を再起動して、設定ファイルを反映させるのを忘れずに。
  1. 2006/12/29(金) 19:08:52|
  2. PC関連(Linux系?機)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

如月

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

なか~ま(´ー`)人(´¬`)

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。